ニュース

新垣結衣が『GINZA』初の2バージョン表紙に登場 喫茶店の案内特集も

新垣結衣が表紙を飾る『GINZA 2020年5月号』『GINZA 2020年5月号増刊』が4月11日に同時刊行される。

今回は『GINZA』創刊以来初の試みとして、新垣結衣をモデルに2パターンの表紙を制作。通常号と増刊号として販売する。

誌上では「新バランス」がテーマのアイテムを着用した新垣結衣の写真が8ページにわたって掲載されているほか、インタビューも収録している。インタビューで新垣は「気持ち的にいつも楽でいたいので、着心地がいい、ゆるゆるとした服を選んでいます」とコメント。撮影時にはパンコールやフリル、パフスリーブなどがあしらわれた衣装に挑戦し、「一見少女の憧れみたいな特徴があるけれど、ディテールでセンシュアルさも見せている」と解釈を述べたとのこと。

特集は「おしゃれの鍵はバランス感覚」。スタイリスト飯田珠緒が推薦する橋本愛の私服の着こなしの紹介に加え、個性派トレンドアイテムのさじ加減講座、デザイナーたちの考えるアンバランスの魅力、ショートパンツやパフスリーブなどのアイテムを攻略するヒントなどをピックアップした記事が掲載されている。

第2特集は全国各地の喫茶店案内。それぞれの土地で活躍する人々が地元に根付いた「本当にいい店」を12ページにわたって紹介している。また、清原翔によるファッションページ、リリー・フランキーが登場する永山瑛太の連載なども収録。

『GINZA 2020年5月号増刊』表紙 ©マガジンハウス
『GINZA 2020年5月号増刊』表紙 ©マガジンハウス
『GINZA 2020年5月号』表紙 ©マガジンハウス
『GINZA 2020年5月号』表紙 ©マガジンハウス
画像を拡大する(2枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性