10代最後の夏、上白石萌歌が涙 映画『子供はわかってあげない』予告編公開

沖田修一監督の映画『子供はわかってあげない』の予告編が公開された。

6月26日から公開される『子供はわかってあげない』は、田島列島の同名漫画をもとにした作品。高校2年生の朔田美波と書道部員の「もじくん」こと門司昭平が共に父親探しの旅に出る様を描く。朔田美波役に上白石萌歌、門司昭平役に『町田くんの世界』主演の細田佳央太がキャスティング。脚本をふじきみつ彦と沖田修一が共同で手掛けた。

劇中アニメ『魔法左官少女バッファローKOTEKO』の映像から始まる予告編には、美波が謎の札を手にする姿や、もじくんと美波の「誰から?」「多分だけど、父親から?」というやり取り、千葉雄大演じるもじくんの兄・明大が「私で良ければやってみる」と語り、美波を抱きしめる様子、豊川悦司演じる美波の実父・藁谷友充が「見えるんだ、人の、頭の中が」と呟くシーン、斉藤由貴演じる美波の母・由起が「なんで謝るの? 嘘ついたから? 楽しかったから?」と訊ねる場面、美波が涙を流す様などが映し出されている。上白石萌歌は同作について「10代最後の夏はすべての想いをこの作品に込めました。きっと人生の宝になります」とコメント。

美波ともじくんの出会いのきっかけとなる『魔法左官少女バッファローKOTEKO』の主人公・KOTEKO役を演じるのは富田美憂。また、浪川大輔、櫻井孝宏、鈴木達央、速水奨らも出演する。アニメーション制作は颱風グラフィックスが担当。

作品情報

『子供はわかってあげない』

2020年6月26(金)からテアトル新宿、イオンシネマほか全国で公開
監督:沖田修一 脚本:ふじきみつ彦、沖田修一 音楽:牛尾憲輔 原作:田島列島『子供はわかってあげない』(講談社モーニングKC) 出演: 上白石萌歌 細田佳央太 千葉雄大 古舘寛治 斉藤由貴 豊川悦司 配給:日活
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 10代最後の夏、上白石萌歌が涙 映画『子供はわかってあげない』予告編公開

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて