鈴木拡樹主演の映画『死神遣いの事件帖』予告編公開 主題歌は崎山つばさ

映画『死神遣いの事件帖 -傀儡夜曲-』の予告編と本ポスタージュアルが公開。崎山つばさが歌う“幻想人”が主題歌に起用されることがわかった。

『死神遣いの事件帖』は、東映と東映ビデオが立ち上げた映画と舞台の連動プロジェクト『東映ムビ×ステ』の第2弾。5月29日公開の映画『死神遣いの事件帖 -傀儡夜曲-』は江戸の吉原の大遊廓で起きた「遊女連続殺人事件」を探偵業を営む久坂幻士郎が解決していく様を描く。映画版の物語を引き継ぎ、7月と8月に上演される舞台『死神遣いの事件帖 -鎮魂侠曲-』のあらすじは、吉原遊廓の惣名主を父に持つ侠客のリーダー庄司新之助と、死神・十蘭が「大暴れ」するというものだ。豊臣家に仕えた高名な傀儡子の息子で「死神遣い」の幻士郎役に鈴木拡樹、幻士郎と契約関係にある死神・十蘭役に安井謙太郎、新之助役に崎山つばさがキャスティング。

崎山つばさが自ら作詞した“幻想人”を使用した予告編では、赤い刀を構える幻士郎の姿や、十蘭が幻士郎に「死んでくれよ」と零す様、新之助が「女郎殺しも奴らの仕業に違いねえ」と口にするシーン、鈴木絢音(乃木坂46)演じるお藤と十蘭の「あんた誰?」「私が見えるんですか?」というやり取り、「みんなで地獄めぐりだ」という言葉などが確認できる。

「今日も三途で鬼退治!」というコピーが添えられた本ポスタージュアルには、幻士郎、十蘭、新之助、お藤の姿が写し出されている。

作品情報

映画『死神遣いの事件帖 -傀儡夜曲-』

2020年5月29日(金)公開
監督:柴﨑貴行 脚本:須藤泰司 主題歌:崎山つばさ“幻想人” 出演: 鈴木拡樹 安井謙太郎 崎山つばさ 鈴木絢音(乃木坂46) 押田岳 松浦司 松本寛也 北川尚弥 高田里穂 萩野崇 陳内将 山口馬木也 堀内正美 高田聖子
イベント情報

舞台『死神遣いの事件帖 -傀儡夜曲-』

2020年7、8月上演
脚本・演出:毛利亘宏(少年社中) 原案:須藤泰司 出演: 崎山つばさ 安井謙太郎 陳内将 松浦司 松本寛也 北川尚弥 櫻井圭登 エリザベス・マリー 田邉幸太郎 輝馬 谷口賢志 山崎銀之丞
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 鈴木拡樹主演の映画『死神遣いの事件帖』予告編公開 主題歌は崎山つばさ

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて