バカリズム、日村勇紀、若林正恭、水川あさみが集合 再始動『住住』予告編

バカリズム原案・脚本の『住住』の予告編が公開された。

2017年に放送されたテレビドラマ『住住』の約3年ぶりの再始動となる同作は、バカリズムが執筆業のために別途借りている都内某マンションの一室「作業場」を舞台に「特に何も起こらない集まり」を描いた作品。前作に出演したバカリズム、若林正恭(オードリー)に加え、新メンバーとして日村勇紀(バナナマン)、水川あさみが「実名」で登場する。全6話。主題歌はEnjoy Music Clubが担当する。4月18日からHuluで配信。

予告編には作業場に集うバカリズム、若林正恭、日村勇紀、水川あさみが会話を展開する様子が映し出されている。

初回放送の第1話では、バカリズムが作業場で執筆作業をしている中、日村がやってきて、まだ売れていなかった20年前のバカリズムは日村の家に居候していたことから「あの頃のお前に会って『20年後は作業場持つまでになるからな』と教えてあげたい」と告げる日村の姿や、近所に住む水川あさみからバカリズムのスマートフォンに「今から顔出していいですか?」とのメッセージが届く様などが展開される。第1話は4月25日に日本テレビ系の「Hulu傑作シアター」で放送予定。


番組情報

『住住』

2020年4月18日(土)から毎週土曜にHuluで配信
監督:住田崇(sukima) 原案:バカリズム 脚本:バカリズム、オークラ、安部裕之 主題歌:Enjoy Music Club 出演: バカリズム 日村勇紀(バナナマン) 若林正恭(オードリー) 水川あさみ

関連リンク

  • HOME
  • Movie,Drama
  • バカリズム、日村勇紀、若林正恭、水川あさみが集合 再始動『住住』予告編

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて