ニュース

吉岡里帆が11変化 グリコ「パピコ」の新テレビCM「みんなのパピコ」篇

江崎グリコ新テレビCM「みんなのパピコ」篇より
江崎グリコ新テレビCM「みんなのパピコ」篇より

吉岡里帆が出演する江崎グリコのパピコの新テレビCM「みんなのパピコ」篇が、4月23日から放映される。

発売から45年目を迎えるパピコの新イメージキャラクターに起用された吉岡里帆。様々なシチュエーションでパピコを食べる吉岡の姿を切り取った同CMでは、11種類の「#○○○パピコ」を表現したストーリーが展開される。昼休みに会社の同僚と分け合う「#2人でパピコ」、風呂上がりに冷蔵庫へもたれて食べる「#湯上がりパピコ」、パピコを口にくわえたままスマホのゲームをする「#手ばなしパピコ」、体を大きく反らせてパピコを吸い込む「#全力パピコ」、パピコを食べる真似をする「#エアーパピコ」、カメラ目線でパピコを差し出す「#は~いパピコ(パ・ピ・コ)」、失恋して泣きながらパピコを食べる「#失恋パピコ」、パピコを半分に分けるというマジックを披露する「#イリュージョンパピコ」などのシーンが映し出されている。

黒のシルクハットに蝶ネクタイ、マントというスタイルで臨んだ「#イリュージョンパピコ」の撮影で吉岡は、監督から「パピコが2つに割れるのは当たり前ですが、それをさも凄いミラクルであるかのように振る舞ってください」という指示を受け、カメラに向かって「種も仕掛けもありません」と話しかけたほか、パピコを半分に割って扇形で締めくくる練習を繰り返していたという。

吉岡里帆のコメント

パピコの新CMキャラクターに選ばれた感想
昔から大好きなアイスだったので、すごく光栄だなと思いました。嬉しかったです。
CM撮影について
いろんなパピコの食べ方があって、こんなに楽しく食べられるんだなと思いましたし、ちょっと新しい発見があるカットもあって、私自身、新鮮な気持ちで撮影することができました。
「パピコ」にまつわるエピソード
学生の時、帰りによくアイスやお菓子を買っていたんですけど、その当時からパピコを友人と一緒に買って、自然と分け合っていたんですけど、大人になってから振り返ると、改めてとても素敵なことだったんだなと思います。
どんな気分の時に「パピコ」を食べたくなるか
やっぱり、めちゃくちゃ仕事を頑張った日ですかね。先日も撮影の合間に、マネージャーさんとパピコを分け合って食べたんですけど、ひと区切りついた時食べるパピコはやっぱりすごく美味しかったです。
視聴者へのメッセージ
パピコは友達と一緒に友達と分け合ったり、一人で贅沢に食べたりとか、本当にいろいろな楽しみ方ができる素敵なアイスです。これからどんどんパピコが美味しくなってくる季節になると思いますので、ぜひ皆さん、それぞれの食べ方でパピコを楽しんでください。パピコ!

江崎グリコ新テレビCM「みんなのパピコ」篇より
江崎グリコ新テレビCM「みんなのパピコ」篇より
画像を拡大する(2枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む 1

    ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る 3

    KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る

  4. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 4

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  5. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 5

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  6. Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ 6

    Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ

  7. トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース 7

    トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース

  8. ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも 8

    ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも

  9. 狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー 9

    狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー

  10. アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」 10

    アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」