ヨルシカ“花に亡霊”のPV公開 『泣きたい私は猫をかぶる』本編映像で構成

ヨルシカの楽曲“花に亡霊”のPVが公開された。

本日4月22日に配信リリースされた“花に亡霊”は、6月5日から公開予定のアニメーション映画『泣きたい私は猫をかぶる』の主題歌。愛知・常滑を舞台にした青春ファンタジーとなる同作は、猫に変身できる不思議な面を手に入れた中学2年生の「ムゲ」こと笹木美代は、猫の姿になって思いを寄せる日之出賢人に会いに行き、次第に心を通わせるようになるが、やがて「猫」と「自分」の境界が曖昧になってしまうあらすじだ。自由奔放なムゲ役とムゲが変身する猫の太郎役に志田未来、ムゲのクラスメイト日之出賢人役に花江夏樹がキャスティング。

ぽぷりかがディレクターを務めたPVは、映画本編の映像で構成。ムゲと日之出の2人にフォーカスした内容になっており、2人が手を繋ぐ場面や浴衣姿でキスする場面に加え、太陽に照らされる大木、「猫社」と書かれた鳥居など、物語の鍵を握るシーンの一部も映し出されている。

ぽぷりかは、「映画本編とは違ったヨルシカのMVらしい空気感が出るようにという意図のもと編集しており、表現豊かなムゲの表情や仕草と、後ろ姿ばかりであまり表情の読めない日之出君が何を考えているのか、イメージしながら見ていただけると嬉しいです」とコメント。

志田未来のコメント

自分に素直になれない気持ちや抑え込んでしまっている気持ちをゆっくりと解放してくれるようなヨルシカさんの美しい歌声と、儚くも抑揚のあるメロディーがとても素敵な曲だと思いました。私自身、学生時代のあの夏を思い出して甘酸っぱい気持ちになりました。ムゲの真っ直ぐなところや純粋さを意識してお芝居をしていたので、ヨルシカさんの曲がムゲの気持ちとマッチしていて、物語をさらに深く感じさせてくださると思いました。

花江夏樹のコメント

泣き猫の雰囲気にとても合った音と切なくもすっと入ってくる歌声がとても素敵だと思いました。歌詞が作品とリンクしていて思わず涙がこぼれてしまいますね。ムゲが大人になっていく姿と段々力強くなっていく音が重なって惹き込まれてしまいました。
「花に亡霊」は、泣き猫にぴったりな楽曲だと思います!

リリース情報

ヨルシカ
『花に亡霊』

2020年4月22日(水)配信リリース
作品情報

『泣きたい私は猫をかぶる』

2020年6月5日(金)から全国公開
監督:佐藤順一、柴山智隆 脚本:岡田麿里 制作:スタジオコロリド 主題歌:ヨルシカ“花に亡霊” 出演: 志田未来 花江夏樹 小木博明 山寺宏一 寿美菜子 小野賢章 千葉進歩 川澄綾子 大原さやか 浪川大輔 配給:東宝映像事業部
  • HOME
  • Music
  • ヨルシカ“花に亡霊”のPV公開 『泣きたい私は猫をかぶる』本編映像で構成

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて