ニュース

「4月1日以降」をテーマに50人超の作家が共作 連載企画『Day to Day』始動

『Day to Day』メインビジュアル
『Day to Day』メインビジュアル

連載企画『Day to Day』が5月1日から文芸ニュースサイト「TREE」で無料公開される。

『Day to Day』は、講談社と未来創造株式会社が運営する「TREE」による連載企画。新型コロナウイルスの影響で多くの書店や図書館が臨時休業となっていることを受け、緊急事態宣言が発令されて以降、作家と出版社にできることは何か、数年経っても、この時のことを忘れずに前に進める企画はないかと考えて実施されるという。「2020年4月1日以降」の日本を舞台に、1人の作家が1日ずつ小説もしくはエッセイを書いていく。初回は辻村深月が「2020年4月1日」を舞台に執筆した小説。翌5月2日は「2020年4月2日」、その後も「2020年4月3日」以降を舞台にした作品が毎日掲載される。

各作品の文字数は1000文字程度となり、英語、中国語でも公開。英語翻訳はトランネット、中国語翻訳は『第18回野間文芸翻訳賞』を受賞した北京大学の岳遠坤が手掛けた。

参加予定作家は、辻村深月をはじめ、相沢沙呼、青柳碧人、朝井まかて、あさのあつこ、赤川次郎、秋川滝美、秋吉理香子、朱野帰子、朝倉かすみ、浅田次郎、麻見和史、芦沢央、我孫子武丸、有川ひろ、有栖川有栖、井上真偽、大崎梢、恩田陸、海堂尊、垣根涼介、神林長平、黒澤いづみ、ごとうしのぶ、近藤史恵、今野敏、佐藤青南、志駕晃、重松清、周木律、春原いずみ、瀬名秀明、高岡ミズミ、竹本健治、田中芳樹、辻真先、砥上裕將、長岡弘樹、中山七里、凪良ゆう、西尾維新、西村京太郎、似鳥鶏、貫井徳郎、法月綸太郎、早坂吝、伴名練、東川篤哉、蛭田亜紗子、深水黎一郎、椹野道流、真梨幸子、湊かなえ、皆川博子、森博嗣、薬丸岳、横関大、吉川トリコ、輪渡颯介。

トランネットのコメント

15年以上にわたり日本の優れた文芸作品を海外に紹介して参りましたところ、この度の緊急連載「Day to Day」英訳のお話をいただき、その趣旨に感銘を受けました。小社の経験を活かし、微力ながらお役に立てれば幸いです。

岳遠坤のコメント

これほど有意義な企画はないと思って、喜んでお受けした。
フィクションは“嘘”だ。しかし、時に物語の“嘘”を通して、真実が伝わることもある。
フィクション(小説)・ノンフィクション(随筆)の両面を持つこの企画は、緊急事態に置かれる日本人作家の日々の思いそのものだ。
同じく思わぬ災難に直面する世界に、中国に、その思いを伝える一助となれば嬉しい。

編集部のコメント

テレビをつけてもSNSを見ても、コロナの情報がまず目に飛び込んで来るいま、小説家の力で、読むことで、少しでもみなさんの心を明るくできますように。読書を愛するすべての方に、今日からはじまる物語を楽しんでいただけますように――編集部一同

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開