ニュース

「4月1日以降」をテーマに50人超の作家が共作 連載企画『Day to Day』始動

『Day to Day』メインビジュアル
『Day to Day』メインビジュアル

連載企画『Day to Day』が5月1日から文芸ニュースサイト「TREE」で無料公開される。

『Day to Day』は、講談社と未来創造株式会社が運営する「TREE」による連載企画。新型コロナウイルスの影響で多くの書店や図書館が臨時休業となっていることを受け、緊急事態宣言が発令されて以降、作家と出版社にできることは何か、数年経っても、この時のことを忘れずに前に進める企画はないかと考えて実施されるという。「2020年4月1日以降」の日本を舞台に、1人の作家が1日ずつ小説もしくはエッセイを書いていく。初回は辻村深月が「2020年4月1日」を舞台に執筆した小説。翌5月2日は「2020年4月2日」、その後も「2020年4月3日」以降を舞台にした作品が毎日掲載される。

各作品の文字数は1000文字程度となり、英語、中国語でも公開。英語翻訳はトランネット、中国語翻訳は『第18回野間文芸翻訳賞』を受賞した北京大学の岳遠坤が手掛けた。

参加予定作家は、辻村深月をはじめ、相沢沙呼、青柳碧人、朝井まかて、あさのあつこ、赤川次郎、秋川滝美、秋吉理香子、朱野帰子、朝倉かすみ、浅田次郎、麻見和史、芦沢央、我孫子武丸、有川ひろ、有栖川有栖、井上真偽、大崎梢、恩田陸、海堂尊、垣根涼介、神林長平、黒澤いづみ、ごとうしのぶ、近藤史恵、今野敏、佐藤青南、志駕晃、重松清、周木律、春原いずみ、瀬名秀明、高岡ミズミ、竹本健治、田中芳樹、辻真先、砥上裕將、長岡弘樹、中山七里、凪良ゆう、西尾維新、西村京太郎、似鳥鶏、貫井徳郎、法月綸太郎、早坂吝、伴名練、東川篤哉、蛭田亜紗子、深水黎一郎、椹野道流、真梨幸子、湊かなえ、皆川博子、森博嗣、薬丸岳、横関大、吉川トリコ、輪渡颯介。

トランネットのコメント

15年以上にわたり日本の優れた文芸作品を海外に紹介して参りましたところ、この度の緊急連載「Day to Day」英訳のお話をいただき、その趣旨に感銘を受けました。小社の経験を活かし、微力ながらお役に立てれば幸いです。

岳遠坤のコメント

これほど有意義な企画はないと思って、喜んでお受けした。
フィクションは“嘘”だ。しかし、時に物語の“嘘”を通して、真実が伝わることもある。
フィクション(小説)・ノンフィクション(随筆)の両面を持つこの企画は、緊急事態に置かれる日本人作家の日々の思いそのものだ。
同じく思わぬ災難に直面する世界に、中国に、その思いを伝える一助となれば嬉しい。

編集部のコメント

テレビをつけてもSNSを見ても、コロナの情報がまず目に飛び込んで来るいま、小説家の力で、読むことで、少しでもみなさんの心を明るくできますように。読書を愛するすべての方に、今日からはじまる物語を楽しんでいただけますように――編集部一同

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開 1

    星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開

  2. くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話 2

    くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話

  3. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 3

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  4. Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る 4

    Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る

  5. 君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける 5

    君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける

  6. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 6

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  7. パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然 7

    パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然

  8. サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合 8

    サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合

  9. Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る 9

    Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る

  10. 「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談 10

    「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談