カウアンドマウス存続支援プロジェクトがCAMPFIREで実施中

カウアンドマウスの存続支援プロジェクトが5月28日までCAMPFIREで実施されている。

音楽のツアーやイベントの企画制作を行なっているカウアンドマウス。2013年に兵庫・神戸を拠点に活動をスタートし、全国各地の文化財や芝居小屋、能楽堂、お寺、教会などを巡っている。今回のクラウドファンディング企画は、新型コロナウイルスの影響で中止または延期となった公演が現時点で30公演、6月以降も再開未定であることを受けて実施。

目標金額は250万円。現在の支援総額は440万円を突破している。集まった金額はイベント中止・延期に掛かった費用、CAMPFIRE手数料、リターン送料、今後の運営資金に使用。支援金額に応じたリターンには、ライブチケットや、石田敦子、MIMOEデザインのカウアンドマウスオリジナルグッズ、イワサトミキがデザインした『港町ポリフォニー』のオリジナルグッズがラインナップ。

CAMPFIREのプロジェクトページには、Port of Notesの畠山美由紀と小島大介、蔡忠浩(bonobos)、コトリンゴ、DadaD、伊澤一葉、折坂悠太、ゑでゐ鼓雨磨(ゑでぃまぁこん)、小池光子(ビューティフルハミングバード)、杉瀬陽子、福原希己江、ICHI、Alessi's Ark、石田多朗からの応援コメントが掲載されている。

  • HOME
  • Music
  • カウアンドマウス存続支援プロジェクトがCAMPFIREで実施中

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて