岡本太郎美術館のバーチャルミュージアムが開設 3DビューやVR映像を紹介

神奈川・川崎市岡本太郎美術館のバーチャルミュージアムがオープンする。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため臨時休館中の川崎市岡本太郎美術館。新型コロナウィルスの影響で休館・休園している施設をボランティア活動で支援する一般社団法人VR革新機構の協力のもと、5月8日9:30から企画展『音と造形のレゾナンス-バシェ音響彫刻と岡本太郎の共振』をオンラインで開催する。パソコン、スマートフォンから3Dビュー、VR映像を楽しむことができる。VR映像鑑賞にはVR専用ゴーグルもしくはVR眼鏡が必要。企画展示室に加えて、常設展示室、エントランスなど美術館全体の様子も観覧することができる。

企画展関連コンテンツとして、企画展紹介映像、会場音響「BASCHET with meditone」、永田砂知子によるバシェ音響彫刻演奏を配信。アンサンブル・ソノーラによる演奏や、武満徹の楽曲『四季』の演奏も予定されている。

さらに岡本太郎の作品を自宅で楽しむことができるコンテンツを『どこでもTAROアトリエ』として公開。岡本太郎の絵画の塗り絵や、ワークショップの「おうちバージョン」などを紹介していく。

  • HOME
  • Art/Design
  • 岡本太郎美術館のバーチャルミュージアムが開設 3DビューやVR映像を紹介

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて