マーライオンが2年ぶりのミニアルバムを配信 ポッドキャスト100回記念も

マーライオンのミニアルバム『マーライオンバンド』が5月6日に配信リリース。あわせポッドキャスト『マーライオンのにやにやRadio』の100回記念が本日5月8日19:00に公開される。

同作は、1993年生まれのシンガーソングライター・マーライオンにとって約2年ぶりとなるミニアルバム。作詞作曲と歌はマーライオンが全て担当しており、演奏には厚海義朗(Ba)、荒谷響(Tp)、池田若菜(Fl)、大谷能生(Sax)が参加している。エンジニアは岩田純也(トリプルタイムスタジオ)、マスタリングはChihei hatakeyamaが担当。編曲とキーボードはマーライオンバンドのメンバーである石川浩輝(Key,Dr)が担当した。マーライオンバンドのイラストは韓国のイラストレーターHizzeoniが手掛けた。

ポッドキャスト『マーライオンのにやにやRadio』は週4回19:00に更新。マーライオンとゲストのトークを展開している。4月4日以降のリモート収録に出演したのは、イハラカンタロウ、岡村詩野、なかがわりょう(フランスピアノ)、ともまつりから。Spotifyではゲストのおすすめの1曲をまとめたプレイリストを公開している。

川本真琴のコメント

マーライオン君の音楽は、晴れてる日の午後だったり、夕方だったり、
夜は9時に寝る感じだと思う。
なんだか安心で天然な人柄が、
現代の闇社会、闇個人を
さっくりゴミ箱にぽいして永遠削除しくれるような気さえする。
マーライオンのマフラーはあったかいんだろう。
マーライオンの風呂温度はすこし高めの42度だろうか。

篠原良彰(ラッキーオールドサン)のコメント

マーライオンはロマンチックな男だ。
彼にはこの街が、銀行強盗を共犯した恋人と、アフターファイブに逃げ込んだローカル・テーマパークのように映っているのかもしれない。
豪華なゲストプレイヤーの演奏で、更に色彩を深めた詩情が眩しい作品です。

リリース情報

マーライオン
『マーライオンバンド』

2020年5月6日(水・祝)配信リリース
1. シャッターチャンスを君にあげるよ(ALBUM ver.) 2. ばらアイス(BAND ver.) 3. スロウムード(BAND ver.) 4. 息抜きしようよ 5. キャベツの千切り
  • HOME
  • Music
  • マーライオンが2年ぶりのミニアルバムを配信 ポッドキャスト100回記念も

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて