ドライブインシアターとラジオの融合企画、安齋肇&中原昌也&SHINCO参加

野外上映プロジェクト「Holywheelin’Theater &Radio」が発足された。

「Holywheelin’Theater &Radio」はドライブインシアターとラジオが融合した企画。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で世界各国の上映施設が休業し、映画の製作と共に新作映画の劇場公開の延期が続く一方、ドライブインシアターは「感染リスクの低い映画上映システム」として注目されており、アメリカ、ドイツ、韓国などでは3月頃から各地で数多く開催されているとのこと。日本では4月から5月にかけて北海道、山梨、宮崎で実施された。

同プロジェクトはドライブインシアターの楽しさを鑑賞者に体験してもらうために行なわれるもの。電波に乗せてFM送信機で送られた音声を車内の各カーオーディオで受信する特性を利用し、映画の上映前後にオリジナルのラジオ番組を放送する。毎回異なるパーソナリティーがゲスト出演し、上映される映画の見どころや魅力を語る。

発表とあわせて安齋肇による描き下ろしオフィシャルロゴが公開。ラジオ番組のサウンドロゴはSHINCO(スチャダラパー)が制作し、番組タイトルを中原昌也がコールする。第1弾イベントは6月に開催予定。

  • HOME
  • Movie,Drama
  • ドライブインシアターとラジオの融合企画、安齋肇&中原昌也&SHINCO参加

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて