安達祐実主演、れもんらいふ千原徹也の初監督短編映画『最終日』来春公開

千原徹也(れもんらいふ)の自主制作短編映画『最終日』が2021年春に公開される。

20代の頃から「50までに映画監督をやります」と言い続けてきたという千原徹也の初監督作となる『最終日』は、アートディレクターが映画制作をデザインするプロジェクト『ART DIRECTION MOVIE』の第1弾作品。幸せな結婚も、楽しめる仕事も手に入れることができなかった「何もない女」高島さんが、姪との出会いにより、人生が変わっていく2日間を描く。34歳の高島さん役を安達祐実が演じ、脚本を高田亮、音楽を田中知之(FPM)が担当。

本編は、公開までにYouTubeやSNSなどで少しずつ公開され、第2弾の制作に繋がっていくとのこと。今回の発表とあわせて約3分間にわたる予告編が公開された。

作品情報

『最終日』

2021年春公開
監督:千原徹也(れもんらいふ) 脚本:高田亮 音楽:田中知之(FPM) 出演:安達祐実 上映時間:20分
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 安達祐実主演、れもんらいふ千原徹也の初監督短編映画『最終日』来春公開

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて