松居大悟の初小説『またね家族』に池松壮亮、石崎ひゅーいらがコメント

松居大悟の小説『またね家族』に寄せた著名人コメントが到着した。

劇団ゴジゲンを主宰し、脚本家、映画監督、俳優としても活動する松居大悟。初小説となる『またね家族』は、自意識が炸裂する僕・竹田武志が、うまくいかない主宰劇団、余命3か月だという大嫌いな父親、変わっていく恋人など、周囲の環境が目まぐるしく変化する中、自分と「家族」を見つめなおしていくというあらすじだ。5月20日刊行。

今回コメントを寄せたのは、池松壮亮、石崎ひゅーい、朝井リョウ、ジェーン・スーの4人。

池松壮亮のコメント

亡き人を想う眼差しの先にある残像と、いくつもの痛い日々を越えてきた切実な祈りは、コロナに掻き消されるわけがない。

ジェーン・スーのコメント

なにもかもうまく行かずに気が滅入ったとき、この本はあなたの杖になるかもしれない。

石崎ひゅーいのコメント

日本一愛情に飢えた、世界一どうしようもない小説を読んで、宇宙一泣いた。 

朝井リョウのコメント

虚しさ、情けなさ、やるせなさ。それらに満ちた物語の後味が“優しさ”になるなんて。

書籍情報

『またね家族』

2020年5月20日(水)発売 著者:松居大悟 価格:1,650円(税別) 発行:講談社

Amazonで購入する

  • HOME
  • Book
  • 松居大悟の初小説『またね家族』に池松壮亮、石崎ひゅーいらがコメント

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて