人気子役と不器用な父の愛 映画『ハニーボーイ』8月公開、予告編も到着

映画『ハニーボーイ』が8月7日から東京・ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国で順次公開される。

ハリウッドの人気子役オーティスが、前科者で無職の「ステージパパ」ジェームズに振り回されながらも、保護観察員トム、モーテルに住む隣人の少女、共演者たちとの交流を通して成長する姿を描いた同作。12歳のオーティス役に『フォードvsフェラーリ』のノア・ジュプ、22歳になったオーティス役に『マンチェスター・バイ・ザ・シー』のルーカス・ヘッジズがキャスティング。オーティスのマネージャーで不器用な父親ジェームズ役をシャイア・ラブーフが演じ、脚本も手掛けた。監督はアルマ・ハレル。

発表とあわせて予告編と本ポスタービジュアルが公開。22歳のオーティスが「父親が俺にくれたのは――“痛み”だけだ」と吐露する姿から始まる予告編には、ジェームズが12歳のオーティスに「スターのお前を俺が支えてる」と詰め寄る様子、オーティスの「ただ普通の親子でいたかった」「一度も叶わなかったけど…」という言葉、2人の「お前に分かるか? 息子に稼いでもらってる――俺の気持ちが」「稼がないと出てくだろ」というやりとり、ジェームズがオーティスを笑顔で抱き締める場面などが確認できる

12歳のオーティスの姿などが写し出された本ポスタービジュアルには、「大人になった今、ぼくは知った。そこに、愛があったことを――」というコピーが添えられている。

作品情報

『ハニーボーイ』

2020年8月7日(金)からヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国で順次公開
監督:アルマ・ハレル 脚本:シャイア・ラブーフ 出演: ノア・ジュプ ルーカス・ヘッジズ シャイア・ラブーフ 上映時間:95分
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 人気子役と不器用な父の愛 映画『ハニーボーイ』8月公開、予告編も到着

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて