アップリンク再開初日は配給傑作選を一律500円で上映&鑑賞料金改定を発表

東京・アップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺が6月1日から営業再開。初日は「アップリンク配給傑作選」を一律500円で上映する。

緊急事態宣言に伴い、4月8日から臨時休館していたアップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺。休業要請の解除を受け、東京都が3段階に分けて実施する休業要請の緩和措置ロードマップを「ステップ2」に移行する方針を発表した場合、6月1日から営業再開する。

アップリンク渋谷のラインナップは、アレハンドロ・ホドロフスキー監督『リアリティのダンス』『エンドレス・ポエトリー』、フランク・パヴィッチ監督『ホドロフスキーのDUNE』。アップリンク吉祥寺は、グザヴィエ・ドラン監督『わたしはロランス』『トム・アット・ザ・ファーム』、アニエス・ヴァルダ、JR監督『顔たち、ところどころ』、黒沢清監督『アカルイミライ』。

また、新型コロナウイルス感染拡大による営業自粛での負担増を受け、これまで通りの運営が困難であるため鑑賞料金改定を発表。アップリンク渋谷は6月2日以降一般料金を1,800円から1,900円に値上げするほか、アップリンク渋谷およびアップリンク吉祥寺の会員平日料金は6月12日以降1,000円から1,100円に変更となる。

関連リンク

  • HOME
  • Movie,Drama
  • アップリンク再開初日は配給傑作選を一律500円で上映&鑑賞料金改定を発表

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて