長澤まさみが涙ですがりつく 『MOTHER マザー』公開日決定&新予告編

大森立嗣監督の映画『MOTHER マザー』の公開日が7月3日に決定。新たな予告映像「予告 -SON篇-」が公開された。

河村光庸プロデューサー(スターサンズ)が実際に起きた「少年による祖父母殺害事件」から着想を得て、大森立嗣監督とタッグを組んだ同作。自堕落で奔放な秋子と、母親の秋子しか頼れる者がいない少年・周平の間にある感情が生まれる様や、成長した周平が凄惨な事件を起こす姿を描く。ゆきずりの男たちと関係を持ち、その場しのぎの生活を送るシングルマザー秋子役を長澤まさみ、幼少期の周平役に郡司翔、17歳の周平役に奥平大兼、秋子の内縁の夫でホストの遼役に阿部サダヲがキャスティング。

周平の視点で構成された「予告 -SON篇-」にはフランツ・リスト“愛の夢”を使用。17歳の周平が車の助手席に座る姿をはじめ、幼少期の周平が男に笑みを浮かべる秋子の姿を見つめる様子、17歳の周平に秋子が泣いて縋り付くシーン、秋子が幼少期の周平を抱きしめる場面などが映し出されている。

前売鑑賞券ムビチケカードは近日中に販売。劇場窓口で購入すると携帯マスクケースが付属する。

作品情報

『MOTHER マザー』

2020年7月3日(金)からTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開
監督:大森立嗣 脚本:大森立嗣、港岳彦 音楽:岩代太郎 出演: 長澤まさみ 阿部サダヲ 奥平大兼 夏帆 皆川猿時 仲野太賀 木野花 配給:スターサンズ/KADOKAWA
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 長澤まさみが涙ですがりつく 『MOTHER マザー』公開日決定&新予告編

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて