『アイデア』ファッションデザイン特集 山縣良和の創作と装いの歴史を探る

特集記事「writtenafterwards 装綴 ファッションデザインの生態学」が6月10日発売の『アイデア No.390』に掲載される。

『アイデア』にとって初のファッション特集となる同特集では、ファッションブランド「writtenafterwards」のデザイナー・山縣良和の創作からファッションの歴史を綴ることで、ファッションとグラフィックデザインの新たな可能性を検証。ファッションデザイナーたちの創作のプロセスを可視化するために、山縣良和による創造の過程と山縣の個人史にまつわる物や記憶を、社会的な事象とも結びあわせながら紹介していく。企画・構成は山縣良和+writtenafterwards、磯山進伍、須山悠里、『アイデア』編集部が担当。

寄稿者には、畑中章宏、ばるぼら、速水健朗、栗野宏文(ユナイテッドアローズ)、鈴木親、西尾マリア、リンダ・ロッパ、リドヴィッジ・エデルコート、伊藤亜紗(東京工業大学)、小石祐介(クラインシュタイン)、石倉敏明、会田誠、家安香(Edelkoort East)、池上高志(東京大学)、泉英一(DESPERADO)、内田樹(凱風館)、宇野良子、荏開津広、江本伸悟、奥田桃子(writtenafterwards)、小松隼也(三村小松山縣法律事務所)、サラ・モワー、椹木野衣、下西風澄、白石正裕(ファッションしらいし)、杉浦太一(CINRA, Inc.、Inspire High,Inc.)、須藤玲子、関根みゆき、田口淑子、辰巳清(アミューズミュージアム)、豊田啓介(noiz、gluon)、中西多香&中西大輔(亜洲中西屋)、名越康文、濱田祐史、福森順子(しょうぶ学園)、麥田俊一、森田真生、安田登、養老孟司が名を連ねる。

書籍情報

『アイデア No.390』

2020年6月10日(水)発売 価格:2,829円(税別) 発行:誠文堂新光社

Amazonで購入する

  • HOME
  • Book
  • 『アイデア』ファッションデザイン特集 山縣良和の創作と装いの歴史を探る

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて