最果タヒ×及川賢治が「すべての子どもたちと親たち」に贈る絵本『ここは』

最果タヒと及川賢治(100%ORANGE)による絵本『ここは』が6月26日に刊行される。

最果タヒが文、及川賢治が絵を担当した『ここは』は、母の膝の上に座る「ぼく」の視点から様々な「ここ」のあり方をとらえ直すことで、日常では見失いがちな自分の居場所や、世界の広さと可能性を描いた作品。最果タヒにとって初の絵本となる。デザインはアリヤマデザインストアの有山達也と山本祐依が担当。

「Web河出」では、刊行記念エッセイとして最果タヒ「幼さを思い出すことはできない。」、及川賢治「丸太を手渡され」が公開されている。

最果タヒのコメント

ぼくがここにいることは、確かだけど、不確かで、だからずっとわくわくしている。

及川賢治(100%ORANGE)のコメント

ひとりひとりに「ここは」がある。
そんなふうに考えながら絵を描きました。

書籍情報

『ここは』

2020年6月26日(金)発売 著者:最果タヒ、及川賢治(100%ORANGE) 価格:1,300円(税別) 発行:河出書房新社

Amazonで購入する

  • HOME
  • Book
  • 最果タヒ×及川賢治が「すべての子どもたちと親たち」に贈る絵本『ここは』

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて