ニュース

『Quick Japan』YouTube特集で表紙・巻頭を飾るkemio×EXITが初対談

『Quick Japan』vol.150
『Quick Japan』vol.150

特集記事「YouTube」が、6月26日刊行の『Quick Japan』vol.150に掲載される。

同号では「Life=Entertainment」をテーマに、自分らしい生活や生き方を表現することがやがてエンターテイメントになっていく場としてのYouTubeを60ページにわたって特集する。表紙、巻頭にはkemioとEXITが登場。アメリカ・ニューヨークと東京でリモート対談を実施した。

また、カジサックこと梶原雄太(キングコング)をはじめ、リモート単独ライブの視聴者数が約1万8千万人を記録した東京03とオークラ、音楽番組チャンネル『THE FIRST TAKE』、約1時間にわたる焚き火動画を配信した鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)、ぺこぱ、ガーリィレコードチャンネル、エミリン、野呂佳代、1日約300本の動画を約10年間視聴し続けている青木龍一郎の記事や、バケモノバケツ委員会、犬も食わねぇよ。、劇場版ゴキゲン帝国Ω、松浦航大の座談会などを収録。

様々なクリエイターがどういった動画を観ているのか質問する企画「YouTube is your timeline」にはゆきぽよ、朝井リョウ、松本穂香、古川雄輝、ゆうたろう、堀田茜、崎山蒼志、根本宗子、伊織もえ、末吉9太郎が登場する。

そのほか特別企画として、いつまちゃんによる読み切り漫画『清いふたり』と水川かたまり(空気階段)による初の書き下ろし小説『アサミ~愛の夢~』を掲載。7月10日には根尾あかりが出演する『アサミ』の朗読劇ライブが配信される予定だ。

『Quick Japan』vol.150
『Quick Japan』vol.150
『Quick Japan』vol.150
『Quick Japan』vol.150
『Quick Japan』vol.150
『Quick Japan』vol.150
画像を拡大する(11枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談 1

    ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談

  2. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 2

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  3. 『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら 3

    『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら

  4. 歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来 4

    歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来

  5. 新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任 5

    新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任

  6. ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一 6

    ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一

  7. 米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録 7

    米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録

  8. ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着 8

    ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着

  9. 『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞 9

    『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞

  10. カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために 10

    カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために