『Quick Japan』YouTube特集で表紙・巻頭を飾るkemio×EXITが初対談

特集記事「YouTube」が、6月26日刊行の『Quick Japan』vol.150に掲載される。

同号では「Life=Entertainment」をテーマに、自分らしい生活や生き方を表現することがやがてエンターテイメントになっていく場としてのYouTubeを60ページにわたって特集する。表紙、巻頭にはkemioとEXITが登場。アメリカ・ニューヨークと東京でリモート対談を実施した。

また、カジサックこと梶原雄太(キングコング)をはじめ、リモート単独ライブの視聴者数が約1万8千万人を記録した東京03とオークラ、音楽番組チャンネル『THE FIRST TAKE』、約1時間にわたる焚き火動画を配信した鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)、ぺこぱ、ガーリィレコードチャンネル、エミリン、野呂佳代、1日約300本の動画を約10年間視聴し続けている青木龍一郎の記事や、バケモノバケツ委員会、犬も食わねぇよ。、劇場版ゴキゲン帝国Ω、松浦航大の座談会などを収録。

様々なクリエイターがどういった動画を観ているのか質問する企画「YouTube is your timeline」にはゆきぽよ、朝井リョウ、松本穂香、古川雄輝、ゆうたろう、堀田茜、崎山蒼志、根本宗子、伊織もえ、末吉9太郎が登場する。

そのほか特別企画として、いつまちゃんによる読み切り漫画『清いふたり』と水川かたまり(空気階段)による初の書き下ろし小説『アサミ~愛の夢~』を掲載。7月10日には根尾あかりが出演する『アサミ』の朗読劇ライブが配信される予定だ。

書籍情報

『Quick Japan』vol.150

2020年6月26日(金)発売 価格:1,100円(税抜) 発行:太田出版

Amazonで購入する

  • HOME
  • Book
  • 『Quick Japan』YouTube特集で表紙・巻頭を飾るkemio×EXITが初対談

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて