評伝『クエンティン・タランティーノ──映画に魂を売った男』6月26日刊行

イアン・ネイサンの著書『クエンティン・タランティーノ──映画に魂を売った男』が6月26日に刊行される。

同書では、幼年期から青年期、『パルプ・フィクション』、2019年公開の『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』まで、クエンティン・タランティーノ監督の軌跡を網羅的に紹介。監督作に加えて、原案・脚本作の成立背景やテーマを解き明かすほか、スチール写真、オフショット、影響を与えたとされる作品のスチール、映画ポスターといった資料をフルカラーで多数掲載する。日本語訳は吉田俊太郎が手掛けた。

書籍情報

『クエンティン・タランティーノ──映画に魂を売った男』

2020年6月26日(金)発売 著者:イアン・ネイサン 訳者:吉田俊太郎 価格:3,000円(税抜) 発行:フィルムアート社

Amazonで購入する

  • HOME
  • Book
  • 評伝『クエンティン・タランティーノ──映画に魂を売った男』6月26日刊行

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて