ニュース

吉高由里子×横浜流星『きみの瞳が問いかけている』主題歌はBTSが担当

映画『きみの瞳が問いかけている』の公開日が10月23日に決定。主題歌をBTSが手掛けることが発表された。

チャールズ・チャップリン監督『街の灯』をモチーフにした韓国映画『ただ君だけ』をもとにした同作の主人公は、不慮の事故で視力と家族を失う柏木明香里と、かつては将来を有望視されていたキックボクサーだったが、現在は日雇いアルバイトで食いつなぐ篠崎塁。明香里と塁は偶然に出会い、次第に惹かれ合っていくが、やがて塁は自分が起こした過去の事件と明香里の失明の因果関係を知り、彼女の目の手術代を稼ぐために高額な賞金が賭けられた賭博試合のリングに再び立つことを決意するというあらすじだ。明香里役に吉高由里子、塁役に横浜流星がキャスティング。

主題歌に起用されたのは、BTSの書き下ろし楽曲“Your eyes tell”。『きみの瞳が問いかけている』に感動したというJUNGKOOKが作曲に参加したもので、7月15日発売の日本4thアルバム『MAP OF THE SOUL : 7 ~ THE JOURNEY ~』に収録されている。

発表とあわせて予告編とポスタービジュアルが公開。“Your eyes tell”を使用した予告編には塁に話しかけられた明香里が「誰、ですか?」と問いかける姿をはじめ、塁が明香里を背負って階段を上がる様子、塁と明香里がキスしようとするシーンや、2人の「今ならまだ、視力が回復する可能性があるって」「私このままでいい」「お金は何とかする」というやり取り、塁がリングの上で血を流す場面などが映し出されている。

塁と明香里の姿が写し出されたポスタービジュアルには、「輝く未来を見てほしい そこに俺はいなくても」というコピーが添えられている。

吉高由里子のコメント

いつもニュースで見ていた、BTSさんがこの映画の主題歌を書き下ろしてくださったことに、驚きとともに、感謝の気持ちでいっぱいです。BTSさんの楽曲が入ったことによって、より映画の世界観に厚みが増し、さらに惹き込まれる素敵な作品になりました。
三木監督、横浜流星さん、素敵なキャストの方々、そしてこのBTSさんの楽曲で作られた作品が、たくさんの方々に届いてくれたら嬉しいです。公開まで楽しみにしていてください。

横浜流星のコメント

ワールドワイドに活躍されている素敵なBTSさんが主題歌を担当、しかも書き下ろしまでして下さるなんて、感謝の気持ちでいっぱいです。僕は作品において音楽はとても大事だと思っています。作品に寄り添うとても素敵な音楽で、余韻に浸れる素晴らしい楽曲ですので、BTSさんのお力をお借りしてこの作品も沢山の方々に観て頂けたら幸せです。
運命に翻弄されながらも、ただ大切な人を想い、宿命に抗いながら愛を獲得する2人の物語を観て、色々なものを感じてもらえたら嬉しいですし、人を愛することの素晴らしさを、この作品を通して伝える事が出来れば良いなと思います。たくさんの方々に届きますように。

BTSのコメント

僕たちの日本4thアルバムに収録された「Your eyes tell」は映画『きみの瞳が問いかけている』の主題歌です。
こんなに素敵な映画に参加できて僕たちもすごくうれしく思っております。
メンバーのJUNG KOOKが作曲に参加したバラード曲ですが、映画の美しくて深い愛の世界観を表現しました。
皆さんに聴いていただきたいポイントは、やはり’美しいメロディー’そして’色々大変な中でも君のその瞳が見ている未来には光があると信じている’というメッセージが込められている歌詞です。
僕たちの曲「Your eyes tell」を聴いていただき、公開される映画『きみの瞳が問いかけている』を一緒に観ていただければ、僕たちが楽曲に込めている気持ちを皆さんにも感じ取っていただけると思います。
ぜひご期待ください!

『きみの瞳が問いかけている』ポスタービジュアル ©2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会  ©2020 Gaga Corporation / AMUSE,Inc. / Lawson Entertainment,Inc.
『きみの瞳が問いかけている』ポスタービジュアル ©2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会 ©2020 Gaga Corporation / AMUSE,Inc. / Lawson Entertainment,Inc.
『きみの瞳が問いかけている』 ©2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会  ©2020 Gaga Corporation / AMUSE,Inc. / Lawson Entertainment,Inc.
『きみの瞳が問いかけている』 ©2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会 ©2020 Gaga Corporation / AMUSE,Inc. / Lawson Entertainment,Inc.
BTS
BTS
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開 1

    星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開

  2. くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話 2

    くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話

  3. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 3

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  4. Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る 4

    Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る

  5. 君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける 5

    君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける

  6. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 6

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  7. パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然 7

    パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然

  8. サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合 8

    サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合

  9. Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る 9

    Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る

  10. 「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談 10

    「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談