宮沢氷魚と大鶴佐助が共演 舞台『ボクの穴、彼の穴。』約4年ぶり再演

舞台『PARCO Production「ボクの穴、彼の穴。 The Enemy」』が9月17日から東京・池袋の東京芸術劇場 プレイハウスで上演される。

松尾スズキが初めて翻訳を手掛けたデビッド・カリの絵本『ボクの穴、彼の穴。』をもとに、ノゾエ征爾が翻案、脚本、演出を手掛け、2016年に旧PARCO劇場の「クライマックス・ステージ」を飾った『ボクの穴、彼の穴 The Enemy』。戦場の塹壕に取り残され、見えない敵への恐怖と疑心暗鬼にさいなまれる兵士の姿を描く。前作に引き続き、演出はノゾエ征爾が担当。新たな「ボク」と「僕」を宮沢氷魚、大鶴佐助が演じる。

チケットの一般販売は8月15日からスタートする。上映スケジュールなどの詳細はオフィシャルサイトで確認しよう。

ノゾエ征爾のコメント

気がついたら霧があたり一面に立ち込めていて、あっと言う間に、関わる4本の演劇作品がその中に消えていった。
呆然と立ち尽くすも、その呆然としている様すらも誰からも見えないほどの濃霧。
はてどうしたものか。
しかし、消えるものあれば現れるものアリ。一瞬フッと晴れた隙間からコレが現れた。
ボクの穴、彼の穴。やろうかって。4年前にもやった演目だけど、今こそでしょって。
見えない敵との疑心暗鬼にかられる孤独な兵士の物語。
読み返すと、今の状況だからこそ考えさせられるところ山ほどアリ。
涙拭いながら頑張った初演のキャストさんが作り上げてくれた部分も山ほどアリ。
それがあっての今、この生活下だからこそ滲み出るものを全て作品に乗せて、(濃霧ゆえにどこが正面かもわからないのだけど)真正面から戦いましょうぞ、この素晴らしきお二人と。
穴から顔を出した時、きっとなかなかの眺めなのではないでしょうか。

宮沢氷魚のコメント

世の中がこのような状況にある中、どうにかして皆さんに感動や喜び、エンターテインメントの素晴らしさを届けたいと日々考えていました。そんな中、今回のお話を頂いて本当に救われました。
今回の作品は、見えない敵との戦争。
お互いを「モンスター」だと思い込み、相手を憎み、疑い、軽蔑する。自分を正当化し相手に全ての不幸をなすりつける。
まさに今の世の中と重なります。
僕は今だからこそこの作品をやる意味があると思います。
初めての二人芝居を親友の大鶴佐助と演じられる幸せ、そして、初舞台の劇場であるプレイハウスで再び芝居ができることを本当に嬉しく思っています。

大鶴佐助のコメント

今この状況下で「ボクの穴、彼の穴」を上演する事に僕はとても意味があると思いました。
物語の登場人物が目に見えない不確かなモノに怯え疑心暗鬼になっていく様が今の日常ととても通じており、虚構と現実が地続きになっている印象を受けました。
相手役の宮沢氷魚くんとは気心の知れた仲なので、稽古場でノゾエさんの演出を一緒に浴び、もがきながら作品の旅をしていきたいです。

イベント情報

『PARCO Production「ボクの穴、彼の穴。 The Enemy」』

2020年9月17日(木)〜9月23日(水) 会場:東京都 池袋 東京芸術劇場 プレイハウス
翻案・脚本・演出:ノゾエ征爾 原作:デビッド・カリ『ボクの穴、彼の穴。』(千倉書房) 音楽:田中馨 出演: 宮沢氷魚 大鶴佐助 料金:8,000円
  • HOME
  • Stage
  • 宮沢氷魚と大鶴佐助が共演 舞台『ボクの穴、彼の穴。』約4年ぶり再演

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて