ニュース

ヨーロッパ企画の新作ゲーム『電流イライラ酒2020』配信スタート

『電流イライラ酒2020』
『電流イライラ酒2020』

ヨーロッパ企画のスマートフォンゲームアプリ「ヨーロッパ企画のゲームムービー研究所」の新作ゲーム『電流イライラ酒2020』が本日7月30日に配信リリースされた。

「ヨーロッパ企画のゲームムービー研究所」は、ヨーロッパ企画による「俳優 × ゲーム=ゲームムービー」の新作テスト版が遊べるアプリ。

4作目となる『電流イライラ酒2020』は、発明のやり過ぎで静電気を帯びたヨーロッパ企画・酒井善史の腕や指をかいくぐってゴールを目指すゲーム。7月28日にゲームリリースを記念してヨーロッパ企画の公式YouTubeチャンネルで生配信が行なわれた。現在アーカイブ配信中。

ヨーロッパスタジオのオフィシャルサイトではフラッシュ版『電流イライラ酒』が公開されている。

上田誠(ヨーロッパ企画)のコメント

ゲームムービー研究所から、今月のゲームが魔誕生しました。「電流イライラ酒2020」。
2020というからには2020年以前のバージョンがあったわけで、遡ること16年。2004年当時にFlashゲームとして作っていた「電流イライラ酒」を、元ネタさえ分からなくなった令和のいま、爆リバイバルです。
あなたは指でポインタを動かし、酒井の腕や指をかいくぐって、ゴールを目指さねばなりません。
なぜそんなことをしなくてはいけないかは、そんなのあらゆるゲームがそうでしょう。
そんな目的をもったあなたを、しかし酒井は邪魔してきます。気まぐれな動きで、いじわるなフェイントで。
そしていまは2020年。酒井も成長していてもうすぐ40歳を迎えますから、さまざまな発明品や小道具、ギミックを駆使してあなたをイラつかせてきます。
そんな酒井にイラつかず、全10ステージを制覇できるか。それが今回のミッションです。世界でいま一番やらなくていいことがこれですが、そんなのすべてのゲームがそうでしょう。
無料DLですから、どうか攻略してやってください。クリアするたび、酒井からねぎらいの言葉がもらえます。

『電流イライラ酒2020』
『電流イライラ酒2020』
『電流イライラ酒2020』
『電流イライラ酒2020』
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間 1

    BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間

  2. VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら 2

    VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら

  3. YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行 3

    YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行

  4. 著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送 4

    著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送

  5. 芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役 5

    芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役

  6. 星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア 6

    星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア

  7. 森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース 7

    森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース

  8. 田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催 8

    田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催

  9. のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』 9

    のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』

  10. もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー 10

    もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー