ニュース

『第33回東京国際映画祭』は映画館でのフィジカル上映&オンラインで開催

『第33回東京国際映画祭』ロゴ
『第33回東京国際映画祭』ロゴ

『第33回東京国際映画祭』の開催について、詳細が発表された。

10月31日に東京・六本木ヒルズ、EX シアター六本木ほかで開幕予定の『第33回東京国際映画祭』。新型コロナウイルスの影響により世界各国の映画祭の中止や延期、縮小が余儀なくされている中、『東京国際映画祭』は「映画を観る喜びを再認識し、映画の未来への希望の光を灯す」「映画を通じて国際的な連帯を強める」「コロナ後の映像文化についての考察を深める」という目的を掲げ、映画館でのフィジカルな上映を基本として実施する予定とのこと。シンポジウムやゲストのトークなどにオンラインでの実施も活用される。

国際的な移動の困難や感染対策の徹底など多くの制約があることから、昨年まで実施していた「インターナショナルコンペティション」、アジアの新鋭監督を集めた「アジアの未来」、日本映画の気鋭作品をそろえた「日本映画スプラッシュ」の3部門は「TOKYOプレミア2020」という1つの部門に統合。様々な賞を競う形ではなく、全作品を対象に観客に投票を募る「観客賞」が設けられる。3部門の選定視点も残し、30本程度のプログラムを予定。そのほかの部門の詳細は後日発表される。

上映作品の選定は、安藤紘平、石坂健治、市山尚三、金原由佳、関口裕子、矢田部吉彦といった外部専門家の協力のもと実施。またこれまで時期的に近接して開催していた『東京フィルメックス映画祭』との連携を深め、『カンヌ映画祭』の中で独立性をもって開催される『カンヌ監督週間』と似た形で、ほぼ時期を同じくしての開催を予定している。

『第33回東京国際映画祭』ロゴ
『第33回東京国際映画祭』ロゴ
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会