ニュース

車内で楽しむ音楽イベント『ドライブインフェス』にDÉ DÉ MOUSEら出演 

『ドライブインフェス DRIVE IN FESTIVAL VOL.1』出演者一覧
『ドライブインフェス DRIVE IN FESTIVAL VOL.1』出演者一覧

音楽イベント『ドライブインフェス DRIVE IN FESTIVAL VOL.1』が8月22日、8月23日に千葉・長柄町のロングウッドステーションで開催される。

『ドライブインフェス DRIVE IN FESTIVAL』は、『泡パ』『バスタブシネマ』など体験型イベントを手掛けるアフロマンス率いる「Afro&Co.」と、『夜空と交差する森の映画祭』主催のサトウダイスケ、☆Taku Takahashi(m-flo)主宰のblock.fmが共同開催。新型コロナウイルスの影響でイベント開催が難しくなっている現状に対して、車内で楽しむ新しい音楽イベントだ。アーティストがプレイする音楽をFM電波で飛ばし、それぞれの車のカーステレオを使って楽しんだり、車内からLINEを使って「フェス飯」をオーダーしたりできるほか、LINEを使ってトイレでの密集や行列を予防する対策を行なう。「Vol.0」は6月に栃木で開催。

「Vol.1」は150台限定で開催予定。関係者限定の8月22日には、Tomoyuki Tanaka(FPM)、YonYon、Maika Loubtéら、一般参加日の8月23日には、☆Taku Takahashi、DÉ DÉ MOUSE、80KIDZ、TJOらが出演する。キービジュアルはShiho Soが担当。両日共に配信を予定している。早割チケットの販売は8月8日20:00からスタート。

イベント参加にあたっての注意事項などはオフィシャルサイトで確認しよう。

アフロマンス(Afro&Co.)のコメント

コロナ渦でのイベントの可能性として、ドライブインフェスはずっとチャレンジしたいアイディアでした。しかし、クリアしなければいけないハードルも多く、色々な人に意見を聴きながら、まずは一度やってみる、そして、その知見は色んな人にシェアしていきたいと思うようになっていきました。コロナだから車で我慢する、ではなく、車だからできる新しい体験をつくっていけれたらと思っています。

☆Taku Takahashi(m-flo、block.fm)のコメント

今まで奇想天外なフェスやパーティを提案してきたAfro&Co.ですが、これまたクレイジーな企画。どんな状況でも「楽しい」を体験するその姿勢にめちゃくちゃ感銘を受けて僕やblock.fmも賛同することになりました。車の中からどんな体験ができるのか?そして僕らアーティストもどんなものを発信できるか?そういったところをとても楽しみにしております。

サトウダイスケ(『夜空と交差する森の映画祭』)のコメント

車内での会話って何気ないことでも心にすっと入ってくるなと感じることがあります。お互いに正面を向いていて目線が合わないことや個室であることがリラックスできる空気を作っているのかもしれないですね。そんな空間でより特別な時間を過ごせないかなと模索中です。身一つならぬ車一台だけで完結するコンテンツって、今のこの時勢を抜きにしてもまだまだ可能性があるなと思いこのプロジェクトに参加しています。

『ドライブインフェス DRIVE IN FESTIVAL VOL.1』キービジュアル
『ドライブインフェス DRIVE IN FESTIVAL VOL.1』キービジュアル
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開