村上隆の世界観が絵本になって登場『ゆめらいおんはゆめをみる。』本日刊行

村上隆の絵本『ゆめらいおんはゆめをみる。』が本日8月13日に刊行された。

同書は、村上隆が文と絵をかき下ろしで手掛ける絵本1作目。虹色のたてがみを持つライオンの男の子「ゆめらいおん」が夢の中でお化けに遭遇し、慌てて知らない家に逃げ込むというあらすじだ。寝ているときには「グワ~ッ」や「ズビビ」、驚いたときには「ふひ?」など、ゆめらいおんの表情にあわせてオノマトペと共にストーリーが展開するという。

村上隆のコメント

「ゆめらいおん」くんは、カラフルな夢、平和でかわいい「色」をみんなに振りまいていきます。

書籍情報

『ゆめらいおんはゆめをみる。』

2020年8月13日(木)発売 著者:村上隆 価格:1,320円 発行:Kaikai Kiki
  • HOME
  • Book
  • 村上隆の世界観が絵本になって登場『ゆめらいおんはゆめをみる。』本日刊行

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて