前野健太の初期3部作サブスク解禁、岩井澤健治による手描きアニメPVも公開

前野健太の初期3部作の配信が本日8月14日に各種音楽サブスクリプションサービスでスタートした。

配信作品は、1stアルバム『ロマンスカー』、2ndアルバム『さみしいだけ』、3rdアルバム『ファックミー』。今回の配信を記念して『ファックミー』収録曲“ヒマだから”のPVが公開された。長編アニメーション映画『音楽』の岩井澤健治監督による手描きアニメーションとなる。

さらに本日8月14日から『ロマンスカー』収録の“友達じゃがまんできない”が主題歌、挿入歌として使われている映画『僕の好きな女の子』が公開。

前野健太のコメント

初期三部作サブスク解禁に寄せて

13年前に勝手にCDを出してデビューということにしました。
今では「シンガーソングライター」という肩書きをつけていますが、すべてはこの最初の作品群からはじまった、単なる「でっち上げ」にすぎません。
誰もCDを出そうなどと誘ってくれはしませんでしたが、燃え盛っていました。
一撃をくらわしてやる、とよく言っていましたが、それはたわごとで、でもそれがなければ走り出さなかった車もあったのでしょう。

今聴くと、たとえばセカンドアルバムの『さみしいだけ』なんかは、一音一音に明確な意思を感じます。指が見えます。演奏している手、その指が。
たとえば誰かの気持ちを振り切って、この一音を録らなきゃいけないんだ、という気持ち。
不思議なのは、愛情から逃げるように選んだ一音が、結果的に何かに手を伸ばしているということ。

一人の女性の顔を思い出します。
一音一音を聴きながら、影のプロデューサーはこの人だったんじゃないだろうかと、思いました。男はいつだって女にはかなわない。ただ風を見て、歌を紡ぐだけ。
そんな時代遅れな歌がたくさん詰まったアルバムたちです。

街の中で気軽に聴いていただけたら幸いです。
猫が、マンションが、空が、夏草が、静かに揺れると、少しだけ明日が見えてくる。

特別じゃない夏なんてあっただろうか。

2020年8月14日

前野健太

  • HOME
  • Music
  • 前野健太の初期3部作サブスク解禁、岩井澤健治による手描きアニメPVも公開

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて