ポレポレ東中野の特集上映『政治映画はサスペンスである』第2弾に9作品

上映イベント『特集上映<政治映画はサスペンスである vol.2 政治家編>』が8月22日から東京・ポレポレ東中野で開催される。

昨年7月に引き続き行なわれる同イベントには政治に関する映画がラインナップ。現在上映中の大島新監督『なぜ君は総理大臣になれないのか』に合わせて、国内外の様々な作品を上映する。

上映作品は、ムッソリーニと映像作家の撮影旅行『帰ってきたムッソリーニ』、エミール・クストリッツァ監督がメガホンを取った『世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ』、望月衣塑子の姿を通して日本の報道を問う『i -新聞記者ドキュメント-』、ディック・チェイニーの裏の姿を描いた『バイス』、チャーチルの首相就任からダンケルクの戦いまでを題材にした『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』、政権によるメディアへの介入に対峙するジャーナリストたちによって制作されたドキュメンタリー『共犯者たち』、イタリアの元首相シルヴィオ・ベルルスコーニがモデルの『LORO 欲望のイタリア』、スキャンダルによって辞職した元アメリカ下院議員アンソニー・ウィーナーの姿を捉えた『ウィーナー 懲りない男の選挙ウォーズ』、ノ・ムヒョンの立志から死までを描く劇場初上映作『ムヒョン~二都物語~』の9本。

イベント情報

『特集上映<政治映画はサスペンスである vol.2 政治家編>』

2020年8月22日(土)〜9月18日(金) 会場:東京都 ポレポレ東中野
上映作品: 『バイス』(監督:アダム・マッケイ) 『世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ』(監督:エミール・クストリッツァ) 『帰ってきたムッソリーニ』(監督:ルカ・ミニエーロ) 『LORO 欲望のイタリア』(監督:パオロ・ソレンティーノ) 『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』(監督:ジョー・ライト) 『ウィーナー 懲りない男の選挙ウォーズ』(監督:ジョシュ・クリーグマン、エリース・スタインバーグ) 『i -新聞記者ドキュメント-』(監督:森達也) 『共犯者たち』(監督:チェ・スンホ) 『ムヒョン~二都物語~』(監督:チョン・インファン) 料金:一般1,500円 大学・専門・シニア1,200円 高校生以下・障害者1,000円 3回券3,600円
  • HOME
  • Movie/Drama
  • ポレポレ東中野の特集上映『政治映画はサスペンスである』第2弾に9作品

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて