ニュース

石野卓球がOP曲を書き下ろし 園子温ら参加の映画『緊急事態宣言』予告編

『緊急事態宣言』キービジュアル © 2020 Transformer, Inc.
『緊急事態宣言』キービジュアル © 2020 Transformer, Inc.

オムニバス映画『緊急事態宣言』の予告編と場面写真が公開された。

8月28日からAmazon Prime Videoで配信される同作は、新型コロナウイルスの影響で多くのクリエイターが発表の場や生活の糧を失ったことを受けて企画。「緊急事態」の記憶や、それらがもたらした変化や意味を5組の監督が映画で表現する。構成する作品は、園子温監督の『孤独な19時』をはじめ、中野量太監督の『デリバリー2020』、ムロツヨシと真鍋大度、上田誠の3人からなる非同期テック部の『DEEPMURO』、真利子哲也監督の『MAYDAY』、三木聡監督の『ボトルメール』。

予告編には石野卓球が書き下ろした楽曲“Emergency Frequency”を使用。同曲はオープニングテーマとして起用されている。アニメーションは冠木佐和子と水江未来が担当。

『孤独な19時』には斎藤工、田口主将、中條サエ子、関幸治、輝有子、鈴木ふみ奈、『デリバリー2020』には渡辺真起子、岸井ゆきの、青木柚、『DEEPMURO』にはムロツヨシ、柴咲コウ、きたろう、阿佐ヶ谷姉妹、『MAYDAY』には「各国の人々が出演」とされ、日本パートに岩瀬亮、内田慈、『ボトルメール』には夏帆、ふせえり、松浦祐也、長野克弘、麻生久美子が出演。

園子温監督の『孤独な19時』では人々が50メートルのソーシャルディスタンスを保って生活している中、生まれて一度も外に出たことのない音巳が初めて家の外へ踏み出す様を描き、中野量太監督の『デリバリー2020』では、自粛生活が続く中、離れ離れに暮らす家族が「誕生日は皆で祝う」というルールに従いオンラインで集まるが、オンライン以外にも例年と違う点がある様子を描く。非同期テック部の『DEEPMURO』のあらすじは、俳優ムロツヨシが念願の柴咲コウとの恋愛ドラマの撮影に挑む中、いつもと様子が違うムロツヨシの様子に戸惑うというもの。真利子哲也監督の『MAYDAY』は、あらゆる国や地域で緊急事態が宣言された2020年5月を舞台に、自粛生活が続いた世界各国の様子を描く。三木聡監督の『ボトルメール』は不倫で仕事を干された女優・鈴音のもとに謎のメールが届き、その指示に従って出かけた新作映画の主演オーディションで合格した鈴音が監督からリモートで演技指導を受けることになるというあらすじだ。

石野卓球のコメント

ステイホームして作りました

冠木佐和子のコメント

私はくしゃみをする事が割と大好きで、こよりを鼻に入れて故意にくしゃみをしたりすることもあるのですが、近頃はくしゃみをすること自体少々タブーな雰囲気になってきて複雑な心境なのでその気持ちをOPアニメに落とし込んでみました。

水江未来のコメント

冠木さんが考えた原案を元に、OPアニメを作りました。1秒間24枚のフルアニメーショ
ン、めまぐるしい展開をご堪能下さい!

石野卓球
石野卓球
『緊急事態宣言』 © 2020 Transformer, Inc.
『緊急事態宣言』 © 2020 Transformer, Inc.
『DEEPMURO』 © 2020 Transformer, Inc.
『DEEPMURO』 © 2020 Transformer, Inc.
『MAYDAY』 © 2020 Transformer, Inc.
『MAYDAY』 © 2020 Transformer, Inc.
画像を拡大する(8枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性