こだまの最新作『いまだ、おしまいの地』刊行 帯文は藤崎彩織、酒井若菜

こだまのエッセイ集『いまだ、おしまいの地』が9月2日に刊行される。

2017年に自身の夫婦関係を描いた自叙伝『夫のちんぽが入らない』でデビューした覆面作家こだま。20万部を突破した同作はタナダユキ監督がドラマ化したほか、2018年に発表した『ここは、おしまいの地』は『講談社エッセイ賞』を受賞した。

『ここは、おしまいの地』の続編となる『いまだ、おしまいの地』は、こだまの日々の生活と共に、集団お見合いを成功に導いた父、とあるオンラインゲームで「神」と崇められる夫、小学生を出待ちしてお手玉を配る祖母など「おしまいの地」で暮らす人々の姿を描いた作品。帯には藤崎彩織、酒井若菜がコメントを寄せている。

書籍情報

『いまだ、おしまいの地』

2020年9月2日(水)発売予定 著者:こだま 価格:1,300円(税抜) 発行:太田出版
  • HOME
  • Book
  • こだまの最新作『いまだ、おしまいの地』刊行 帯文は藤崎彩織、酒井若菜

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて