ニュース

南沙良×ごめんが「頭の中の女の子」をテーマにコラボ 『yom yom』に掲載

南沙良 ©岩澤高雄(The VOICE MANAGEMENT)、ごめん
南沙良 ©岩澤高雄(The VOICE MANAGEMENT)、ごめん

南沙良とごめんのコラボショートショートが、9月18日に配信される電子書籍文芸誌『yom yom 10月号』に掲載される。

ショートショートのテーマは「頭の中の女の子」。『yom yom』でエッセイ「届かない手紙を書きたい」を連載している南沙良が新たにショートショートを書き下ろし、ごめんがイラスト化する。全4話。各話タイトルは「#1『この過ぎゆく一瞬を』」「#2『手の中の約束』」「#3『くるしい』」「#4『楕円の星が光る夜』」となる。

She isでは、10月号掲載に向けて約1か月間にわたって全話を順次公開。8月28日に「#1『この過ぎゆく一瞬を』」が掲載されるほか、連載「届かない手紙を書きたい」の過去5回分を期間限定で順次公開していく。

さらに9月18日には、ごめんとのコラボグッズを販売予定。詳細は南沙良のSNSで発表される。

南沙良のコメント

以前からごめんさんが描く世界観にとても惹かれていましたので、今回のコラボ企画のお話を頂いた時は嬉しさの分、プレッシャーも感じました。
私は日々澱のように溜まる気持ちをなんとか言葉で表現しています。うつろう言葉で紡いだ物語を戸惑いながらも書き上げることができましたが、そんな拙い表現の私を可視化してくださったごめんさんには、本当に感謝しかありません。
いつもとは違った象りに少々気恥ずかしいところもありますが、新しい私の一部を皆さまに見ていただけると思うと本当に嬉しいです。

ごめんのコメント

このコラボのお話をいただいたとき、丁度南沙良さんが主演の映画を拝見したばかりで、こんなに人を惹きつける演技をする南さんがどんな文章を書くのか、とてもわくわくしたのを覚えています。
実際に読んでみて、綺麗な文でありながらも毎日誰もが感じる憂鬱さに寄り添ってくれる、優しい文章だと思いました。
ぜひ眠れない夜やかなしいとき、ふと1人になりたいときに、南さんの物語の世界に浸っていただければ幸いです。そして、私の絵が少しでもそのお手伝いになれたならとても嬉しいです。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会