ホンマタカシ監督の記録映画『建築と時間と妹島和世』予告編公開

映画『建築と時間と妹島和世』の予告編が公開された。

10月3日から公開される同作は、石川・金沢21世紀美術館やフランス・パリのルーヴル美術館ランス別館などを手掛け、「建築界のノーベル賞」と称される『プリツカー賞』を日本人女性で初めて受賞した妹島和世が、大阪芸術大学アートサイエンス学科の新校舎を設計、建築していく約3年半を記録したドキュメンタリー。音楽を石若駿が担当し、監督と撮影をホンマタカシが務めた。

予告編では、妹島和世がアトリエや現場で過ごす様子や、新校舎の意味づけと建築物との向き合い方を語る様、数々の模型などが映し出されているほか、建設の現場をコマ送りで収録している。

発表とあわせて新たな写真が公開。ホンマタカシが撮影した妹島和世の姿などが写し出されている。

作品情報

『建築と時間と妹島和世』

2020年10月3日(土)からユーロスペースほか全国で順次公開
監督・撮影:ホンマタカシ 出演:妹島和世 上映時間:60分 配給:ユーロスペース
  • HOME
  • Movie/Drama
  • ホンマタカシ監督の記録映画『建築と時間と妹島和世』予告編公開

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて