ニュース

『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』アートポスターが公開

映画『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』のオリジナルアートポスターが公開された。

映画製作スタジオのA24とプランBが『ムーンライト』以来となるタッグを組んで贈る同作の舞台は、急速な発展によって地価が高騰し、多数の富裕層が住むようになったことで先住者が行き場を失っていたアメリカ・サンフランシスコ。そこで生まれ育ったジミーは、祖父が建て、家族と暮らした記憶が残るヴィクトリアン様式の家を愛していたが、現在の家主が家を手放すために売りに出していることを知り、「この家に再び住みたい」と願って奔走するというあらすじだ。

監督を務めるのは、同作が初の長編作品となるジョー・タルボット。『サンダンス映画祭2020』監督賞、審査員特別賞を受賞し、バラク・オバマ前アメリカ大統領が選ぶベストムービーにも選出されている。10月9日から東京・新宿シネマカリテ、渋谷のCINE QUINTOほか全国で公開。

3種類のオリジナルアートポスターは、イラストレーターの長場雄、RUMINZ、Ryoga Okamotoがそれぞれ描き下ろしたもの。ポスターは、新宿シネマカリテ、CINE QUINTOほか全国の劇場に掲出され、本日9月4日から開始となるSNSキャンペーン「#僕にはこの街がある」のプレゼントとして当選者に贈呈される予定だ。詳細は映画公式Twitterで確認しよう。

長場雄のコメント

ジミーの地元を愛する気持ちに共感しました!

RUMINZのコメント

自分のアイデンティティはどこにある?と考えてしまう、少し変わった素晴らしい物語。
私も昔大好きだった街を離れる時、自分が居なくなったらその街の存在も消えてしまうのではと感じていた。
フィルモア地区のこの特別な家を描いて、ジミーの気持ちを少しだけなぞることができた。

Ryoga Okamotoのコメント

自分の居場所、友、登場人物たちのカルチャー、
それらを信じる姿は人間の美しい部分なんだと気づかされました。
そんな美しい姿を監督の作家性溢れる撮影でより、感銘を受けました。

『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』Ryoga Okamotoによるオリジナルアートポスター
『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』Ryoga Okamotoによるオリジナルアートポスター
『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』長場雄によるオリジナルアートポスター
『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』長場雄によるオリジナルアートポスター
『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』RUMINZによるオリジナルアートポスター
『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』RUMINZによるオリジナルアートポスター
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る 1

    テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る

  2. 川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々 2

    川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々

  3. 三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開 3

    三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開

  4. 平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」 4

    平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」

  5. 菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保 5

    菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保

  6. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 6

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  7. のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動 7

    のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動

  8. 石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で 8

    石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で

  9. 高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM 9

    高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM

  10. PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施 10

    PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施