ザック・スナイダーが贈るNetflix映画『アーミー・オブ・ザ・デッド』

Netflix映画『アーミー・オブ・ザ・デッド(原題)』が配信される。

同作は『ドーン・オブ・ザ・デッド』『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』などのザック・スナイダーが監督、脚本、製作を務めるゾンビムービー。ゾンビが大量発生したラスベガスを舞台に、1人の男が傭兵集団を結成し、強盗計画を成功させるべく隔離地区に侵入することになるというあらすじだ。

出演者は、デイヴ・バウティスタ、真田広之、エラ・パーネル、アナ・デ・ラ・レゲラ、テオ・ロッシ、ヒューマ・クレシ、オマリ・ハードウィック、ティグ・ノタロ、ギャレット・ディラハント、マティアス・シュヴァイクホファー、ラウル・カスティーリョ、ノラ・アルネゼデール、サマンサ・ウィンら。配信時期は後日発表される。

さらに同作の前日譚映画とアニメシリーズ『アーミー・オブ・ザ・デッド:ロスト・ベガス(原題)』の製作も発表。マティアス・シュヴァイクホファーが監督と主演を務める前日譚映画は、『アーミー・オブ・ザ・デッド(原題)』で彼が演じるルードヴィヒ・ディーターが主人公となる。

アニメシリーズは『アーミー・オブ・ザ・デッド(原題)』に登場するデイヴ・バウティスタ演じるスコットとレスキューチームが、ラスベガスで発生した爆発的なゾンビ感染の原因となった謎を追う姿を描いた作品。ザック・スナイダーとジェイ・オリヴァがそれぞれシリーズ内の2話の監督を務める。製作総指揮は、デボラ・スナイダー、ザック・スナイダー、ウェスリー・カラー、ジェイ・オリヴァ、シェイ・ハッテン。

ザック・スナイダー監督は「Netflixと組み、『アーミー・オブ・ザ・デッド(原題)』の世界を広げていくことにとてもワクワクしています。世界規模となる前日譚と、視覚的にダイナミックなアニメの世界の両方を新たに展開していきます。すばらしいコラボレーションで、Netflixがこの作品に大きな期待を寄せてくれていることをとてもうれしく思います」とコメント。

またマティアス・シュヴァイクホファーは「ザック・スナイダーのこの素敵なプロジェクトの一部を担えることをとても嬉しく思っています。この世界が様々なレベルで広がっていることをとても幸せに感じています」と語っている。

  • HOME
  • Movie,Drama
  • ザック・スナイダーが贈るNetflix映画『アーミー・オブ・ザ・デッド』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて