ニュース

二宮和也、妻夫木聡『浅田家!』兄弟を浅田政志が撮り下ろし『SWITCH』

特集記事「浅田政志と家族写真」が、9月20日刊行の『SWITCH Vol.38 No.10』に掲載される。

「家族でやってみたいこと」をテーマに様々なシチュエーションでコスプレした家族写真を撮影する写真家・浅田政志。10月2日からは浅田政志の写真集を原案とした映画『浅田家!』が公開される。66ページに及ぶ同特集では、浅田の新作ポートフォリオや代表作、ロングインタビュー、フォトセッションを通して彼の「家族写真」が持つ力を紐解く。

浅田の新作は、自身の父親と息子を被写体とした「家族」がテーマのもの。父親のポートレイト「遺影写真」と、息子が産まれた瞬間から撮り始めた「赤ちゃん写真」という2つのモチーフに込められた思いが明かされる。また『浅田家』をはじめとする作品を一挙掲載し、約20年の軌跡を辿ると同時に、ロングインタビューでは「なぜ『家族』を撮るのか」という疑問を軸に浅田の写真術を解明。浅田の故郷であり、写真集と映画『浅田家!』の舞台である三重・津を、浅田が戌井昭人と共に旅するドキュメントも収録される。

フォトセッションには、映画で浅田政志役を演じた二宮和也、政志の兄・幸宏役を演じた妻夫木聡が登場。表紙に使用された写真を含む、撮り下ろし作品17点を紹介する。さらに二宮と妻夫木が映画や自身と写真の関係について語るロングインタビュー、父・章役者を演じた平田満、母・順子役を演じた風吹ジュンのインタビューも収められる。

『SWITCH Vol.38 No.10』表紙
『SWITCH Vol.38 No.10』表紙
『SWITCH Vol.38 No.10』より
『SWITCH Vol.38 No.10』より
『SWITCH Vol.38 No.10』より
『SWITCH Vol.38 No.10』より
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開