佐藤浩市主演『サイレント・トーキョー』予告編に石田ゆり子、西島秀俊ら

波多野貴文監督の映画『サイレント・トーキョー』の予告編、2種類の本ポスタービジュアルが公開された。

秦建日子の小説『サイレント・トーキョー And so this is Xmas』を原作にした同作は、クリスマスイブの東京を舞台に、突如勃発した連続爆破テロ事件でパニックに陥る日本と、事件に巻き込まれる登場人物たちの思惑を描いた作品。テロの容疑者・朝比奈仁役を佐藤浩市、事件に巻き込まれた主婦・山口アイコ役を石田ゆり子、取材に駆けつけたテレビ局の契約社員・来栖公太役を井之脇海、事件を追う刑事・世田志乃夫役を西島秀俊、世田とバディを組む刑事・泉大輝役を勝地涼、IT起業家・須永基樹役を中村倫也、犯行予告現場に居合わせた会社員・高梨真奈美役を広瀬アリスが演じる。公開は12月4日。

Awichの“Happy X-mas(War Is Over)”を使用した予告編には、朝比奈の「俺が計画を立てた」というセリフや、鶴見辰吾演じる磯山毅首相の「日本はテロに屈することはない」という演説シーン、山口が来栖に「私たちは監視されている」と訴える場面、高梨の「犯人、知ってます」というセリフ、須永と世田の格闘シーン、朝比奈の「メリークリスマス」という言葉と共に渋谷が爆破される様子などが映し出されている。

同作の撮影は昨年10月から12月にかけて行なわれ、撮影期間中のエキストラ動員数はのべ1万人。渋谷のスクランブル交差点をほぼ原寸大で再現したセットの撮影では1日最大1200人ものエキストラがらセットの建設地である栃木・足利に集結したという。

ポスタービジュアルは、崩壊した渋谷の街を捉えたものと、東京タワーをはじめ東京の名所と登場人物の表情を切り取ったものとなる。

作品情報

『サイレント・トーキョー』

2020年12月4日(金)に全国公開
監督:波多野貴文 脚本:山浦雅大 原作:秦建日子『サイレント・トーキョー And so this is Xmas』(河出書房新社) エンディング曲:Awich“Happy X-mas(War Is Over)” 出演: 佐藤浩市 石田ゆり子 西島秀俊 中村倫也 広瀬アリス 井之脇海 勝地涼 配給:東映
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 佐藤浩市主演『サイレント・トーキョー』予告編に石田ゆり子、西島秀俊ら

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて