ニュース

坂口恭平『永遠に頭上に』発売記念ライブに寺尾紗穂、厚海義朗、菅沼雄太

坂口恭平『永遠に頭上に』ジャケット
坂口恭平『永遠に頭上に』ジャケット

音楽イベント『坂口恭平“永遠に頭上に”発売記念ライブ』が10月22日にツイキャスで配信される。

同イベントでは、9月9日にリリースされた坂口恭平のニューアルバム『永遠に頭上に』に参加した寺尾紗穂(Pf)、厚海義朗(Ba)、菅沼雄太(Dr)と共に、バンド編成でのライブを実施。配信中は投げ銭が可能なほか、10月29日までアーカイブ視聴することができる。チケットはキャスマーケットで販売中。

さらに9月22日にはNHK Eテレ『私だけかもしれない講座』に「赤いセーター」として出演。テーマは「飲み会がイヤでたまらなかった件」となる。ナレーションはリンリン(BiSH)が担当。

坂口恭平のコメント

この10年、僕は死にたい人であれば誰でもかけることができる電話サービスをやっています。話を聞いていて、みなさんよく口にするのが、「誰にも相談できなかった」です。つまり、ひとりぼっちで悩んでいて、さらにそう考えているのは私だけかもしれないと思って電話をかけてくるんです。電話では、僕だって悩みがあって、感情の浮き沈みもありましたし一緒なんだよということを、のべ2万人の人たちに話してきました。
でも、もしこの電話サービスのことを知らなくてひとりでもがいている人がまだたくさんいるとしたら。そういった人も目にする可能性があるのがテレビだと思うので、その人たちへ向けて、おもしろおかしく僕の実体験を話してみることにしました。
今日は、自分でいろいろグラフを書いたり、パフォーマンスをしたり、歌ったり、台本もないのでいろいろ脱線もしましたが、そうやって「悩んだらエンタメ化する」クセを見てほしいです。それらを通して、見てくれるみんなの心をほぐすというか、肩をポンとたたくとか、そういう寄り添いができたらいいなという考えです。立ち位置としては、その辺にいる気のいい先輩みたいな(笑)。
せちがらい世の中に、ここ数か月はマスクで顔を覆ってみんな心を閉ざしているように見えるし、僕の言っていること、やっていることがほんの一部の人にしか刺さらないかもしれませんが、ひとりでも刺さる人がいる限り発信していきたいですね。誰かの何かの引っかかりになるようなことがしたいなといつも思っています。

坂口恭平
坂口恭平
『私だけかもしれない講座』
『私だけかもしれない講座』
『私だけかもしれない講座』
『私だけかもしれない講座』
『私だけかもしれない講座』
『私だけかもしれない講座』
画像を拡大する(8枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 寺山修司に憧れる父さん / 美術のトラちゃん 1

    寺山修司に憧れる父さん / 美術のトラちゃん

  2. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 2

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  3. 声優ユニット・イヤホンズが6年目の挑戦と原点回帰を語る 3

    声優ユニット・イヤホンズが6年目の挑戦と原点回帰を語る

  4. テクノポップが解放したもの 幻想の音に生きるコシミハルの半生 4

    テクノポップが解放したもの 幻想の音に生きるコシミハルの半生

  5. 記録映画『素晴らしき、きのこの世界』に窪塚洋介、豊田エリーらがコメント 5

    記録映画『素晴らしき、きのこの世界』に窪塚洋介、豊田エリーらがコメント

  6. 丹地陽子、約20年の画業の軌跡を辿る初画集『丹地陽子作品集』10月刊行 6

    丹地陽子、約20年の画業の軌跡を辿る初画集『丹地陽子作品集』10月刊行

  7. 小松菜奈が表紙の『装苑』11月号 森川葵、塩塚モエカ、伊藤万理華らも登場 7

    小松菜奈が表紙の『装苑』11月号 森川葵、塩塚モエカ、伊藤万理華らも登場

  8. 韻シストが認めてもらうまでの戦いとは?20年の軌跡を全員で語る 8

    韻シストが認めてもらうまでの戦いとは?20年の軌跡を全員で語る

  9. 『セックス・エデュケーション』S2、優しさに貫かれた学園コメディー 9

    『セックス・エデュケーション』S2、優しさに貫かれた学園コメディー

  10. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 10

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』