岡崎京子原作『ジオラマボーイ・パノラマガール』メインビジュアル公開

映画『ジオラマボーイ・パノラマガール』のメインビジュアルが公開された。

1989年に刊行された岡崎京子の『ジオラマボーイ・パノラマガール』をもとにした同作は、2人の男女の平行線の恋を描いた作品。「スクラップ&ビルドのトーキョーに置いてきぼりを喰ったような気分」の高校生・渋谷ハルコは、神奈川ケンイチへの思いを「世紀の恋」だと信じて夢中になるが、一方の神奈川ケンイチは受験を目前にして学校を辞め、危険な香りのするマユミに恋をするというあらすじだ。渋谷ハルコ役を山田杏奈、神奈川ケンイチ役を鈴木仁、マユミ役を森田望智が演じる。公開日は11月6日。

メインビジュアルでは、夜の街と朝の街を背景に座り込むハルコとケンイチの姿や、「成長するだけじゃ、オトナになれない。」というコピーが確認できる。

作品情報

『ジオラマボーイ・パノラマガール』

2020年11月6日(金)から新宿ピカデリー、WHITE CINE QUINTOほか全国で公開
監督・脚本:瀬田なつき 原作:岡崎京子『ジオラマボーイ・パノラマガール』(マガジンハウス) 音楽:山口元輝 出演: 山田杏奈 鈴木仁 滝澤エリカ 若杉凩 平田空 持田唯颯 きいた 遊屋慎太郎 斉藤陽一郎 黒田大輔 成海璃子 森田望智 大塚寧々 上映時間:105分 配給:イオンエンターテイメント、boid
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 岡崎京子原作『ジオラマボーイ・パノラマガール』メインビジュアル公開

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて