菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラールのサントリーホール公演開催

音楽イベント『菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール コンサート2020』が、11月18日に東京・六本木一丁目のサントリーホール 大ホールで開催される。

結成15周年を迎えた菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラールは、菊地成孔のサックス、ボーカル、コンダクトに、バンドネオンやストリングスを加えた総勢11人編成のバンド。菊地のソロアルバム『南米のエリザベス・テーラー』の世界観をライブで再現するために結成された。

サントリーホールでの公演はキャリア史上初。チケットの先行販売は9月26日10:00、一般販売は11月7日10:00からスタートする。

菊地成孔のコメント

私がこの楽団を結成したのは2005年の事です。私の2枚目のソロアルバム『南米のエリザベス・テーラー』は、今は亡き「エスクァイア日本版」のジャーナリストとして、ブエノスアイレスにアルゼンチンタンゴの取材に行き、世界三大オペラハウスのひとつ「コロン劇場」でジャケット撮影をし、アルバムの着想を得てからパリに移動し、いくつかのトラックをパリで録音してから、東京に戻り、録音、編集を繰り返して制作された、つまりは3大陸をまたいだ混血的な作品でしたが、ステージでアルバムの再現的な演奏をするには、グランハープ、弦楽四重奏団、パーカッション2式、グランドピアノ、ウッドベース、バンドネオンが必要なことから、楽団として恒常的に活動できるなどとは露とも思わず、一度限りのお披露目用、特別編成のオルケスタとして、代官山のリキッドルームというクラブで初演を果たしましたが、幸いなことに御高評を賜り、気がつけば正式な楽団としての活動は15年が経っていました。世界中が混乱し、特に我が国のGDPが戦後最低にまで堕ちたその時に、クラシック界の殿堂、サントリーホール公演が決定した時には、嬉しいというより、世の混乱ぶりに舞い上がるような興奮を覚えました。混乱の産物とはいえ、サントリーホール様の舞台に立てることを誇りに思い、乱世に感謝を捧げたいと思います。

イベント情報

『菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール コンサート2020』

2020年11月18日(水) 会場:東京都 六本木一丁目 サントリーホール 大ホール 料金:7,000円
  • HOME
  • Music
  • 菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラールのサントリーホール公演開催

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて