『約束のネバーランド』メッセージ「人間は弱くない!」ハチ公前広場に掲出

『約束のネバーランド』のメッセージ広告が本日10月1日から東京・渋谷のハチ公前広場に掲出されている。

6月刊行の『週刊少年ジャンプ』28号で最終回を迎え、10月2日に完結巻となる20巻の発売を控える白井カイウ、出水ぽすかの漫画『約束のネバーランド』。12月18日には実写映画が公開されるほか、2021年1月からはテレビアニメ第2期が放送される。

主人公エマの象徴的なセリフの1つである「人間は弱くない!」を使用したメッセージ広告は、現在世界中が困難に直面する中、同作を通じて少しでも多くの人が「前向きな気持ち」を持つきっかけになって欲しいという願いを込めて掲出。

メッセージ広告は本日10月1日から順次、渋谷周辺に掲出。特設サイトでは主人公たちが困難な未来に立ち向かい続けた軌跡を名場面や名セリフと共に振り返る「約束の記憶」が公開される。

12月11日からは東京・六本木ヒルズ展望台 東京シティビューで『連載完結記念 約束のネバーランド展』を開催。連載開始前の資料や、同展のために描き下ろされた漫画も公開される。チケットの販売は10月5日12:00からスタート。

  • HOME
  • Book
  • 『約束のネバーランド』メッセージ「人間は弱くない!」ハチ公前広場に掲出

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて