渋谷の光と闇を描く、谷健二監督『渋谷シャドウ』11月公開 田中理来ら出演

映画『渋谷シャドウ』が11月28日から東京・渋谷ユーロスぺ―スで公開される。

映画『一人の息子』『U-31』などの谷健二が監督を務めた同作は、連絡が取れなくなったカメラマン志望の兄を探すために東京・渋谷を訪れたリクが、腕にタトゥーがあるリョウと共に街をさ迷いながら兄の行方を捜索し、様々な人々と交流する内に、やがて兄の居場所を見つけるというあらすじ。ひとりの若者の目を通して、生まれ変わろうとしている渋谷の変わりゆくもの、変わらないものを描く。

出演者は、田中理来、高岩遼(SANABAGUN.)、皆川暢二、馬場良馬、永山竜弥、坂ノ上茜、田中シェンら。今回の発表とあわせてメインビジュアル、予告編2本が公開された。


谷健二監督のコメント

コロナ渦の中、久々に訪れた映画館は特別なものでした。本作品は、夏公開予定でしたが11月公開となりましたが、2020年に映画館で上映できることを映画人として最大の喜びと感じます。場所はロケ地であり、過去2作品(『リュウセイ』『一人の息子』)と縁があったミニシアターの聖地・渋谷ユーロスペース。渋谷を彷徨うリクの目線で、特別な経験を一緒にいかがですか。

作品情報

『渋谷シャドウ』

2020年11月28日(土)から渋谷ユーロスぺ―スで公開
監督:谷健二 出演: 田中理来 高岩遼 皆川暢二 永山竜弥 坂ノ上茜 田中シェン 高崎二郎 中野マサアキ 岩間俊樹 関口アナン 橘美緒 両角周 澤田拓郎 堀ノ内翼 浦健人 馬場良馬
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 渋谷の光と闇を描く、谷健二監督『渋谷シャドウ』11月公開 田中理来ら出演

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて