ずとまよが実写映画『約束のネバーランド』主題歌 予告編&ポスター公開

実写映画『約束のネバーランド』の主題歌が、ずっと真夜中でいいのに。の書き下ろし楽曲“正しくなれない”に決定。最新の予告編と本ポスタービジュアルが到着した。

白井カイウ、出水ぽすかの漫画『約束のネバーランド』の実写映画版となる同作は、孤児院「グレイス=フィールドハウス」を舞台に、「楽園だと信じていた孤児院」が「鬼に献上する食用児を育てる農園」であることに気づいたエマ、レイ、ノーマンによる脱獄劇を描いた作品。主人公・エマ役を浜辺美波、レイ役を城桧吏、ノーマン役を板垣李光人、グレイス=フィールドハウスのママ・イザベラ役を北川景子、イザベラの手下のシスター・クローネ役を渡辺直美が演じている。監督は平川雄一朗。脚本は後藤法子が務めた。公開は12月18日。

予告編にはずっと真夜中でいいのに。の楽曲“正しくなれない”を使用。グレイス=フィールドハウスの日常風景や、子供を連れたイザベラが夜道を歩く姿、エマとノーマンの「違うよね? さっきのはママじゃない、あれはコニーじゃなかった」「あれは、コニーだった」という会話、エマとノーマンたちがイザベラと頭脳戦を繰り広げるシーン、イザベラが「おめでとうノーマン、あなたの出荷が決まったわ」と告げる様子、ノーマンがエマとレイを抱きしめる場面、レイが「絶対に生き残れよ」と語る様などが映し出されている。

本ポスタービジュアルには「その楽園から脱獄せよ。私たちの未来のために――。」というコピーが添えられている。さらに、出水ぽすかが原作画で描き下ろしたコラボレーションポスタービジュアルも公開された。

浜辺美波のコメント

ポスターコラボビジュアルについて
描きおろしの実写ポスターのイラストが見れるなんて、感激しました!!
素敵なイラスト、嬉しいです!ありがとうございます。
予告について
何も知らない幸せから一転、嘘だらけの世界での絶望が描かれ、観た人を惹き付けられる展開がたっぷり詰まった予告編になっているのではないかなと嬉しくなりました。絶望の世界で一筋の光をどのようにみつけて、どのように切り開いていくか、ぜひ本編を観に来ていただきたいです。
主題歌について
「ずっと真夜中でいいのに。」さんの世界観が好きで曲を拝聴していたので、約ネバの世界に主題歌を担当してくださるのは心強い限りでした。主題歌『正しくなれない』は環境に抗うエマたちそのもので。初めて聴いたとき約束のネバーランドの実写映画の世界観が明確にみえた気がしました。主題歌がエンドロールに流れることで完成する映画をわたしも早く観たくなりました。素敵な楽曲をありがとうございます。

作品情報

『約束のネバーランド』

2020年12月18日(金)から全国東宝系で公開
監督:平川雄一朗 脚本:後藤法子 原作:白井カイウ、出水ぽすか『約束のネバーランド』(集英社ジャンプコミックス) 出演: 浜辺美波 城桧吏 板垣李光人 渡辺直美 北川景子 ほか 配給:東宝
  • HOME
  • Movie,Drama
  • ずとまよが実写映画『約束のネバーランド』主題歌 予告編&ポスター公開

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて