『みんなでつくる多摩市ONLINE文化祭』第2弾でバストリオなど17団体追加

オンラインイベント『みんなでつくる多摩市ONLINE文化祭』の第2弾プログラムが発表された。

令和3年に市制施行50周年を迎える東京・多摩市。11月7日にTAMA-BASEのYouTubeチャンネルで無料配信される同イベントは、新型コロナウイルスの影響により地域の学校文化祭やライブ、演劇など様々な文化発表の機会が失われたことを受け、オンラインを通して市民が発表する場を提供することで市制50周年に向けた機運醸成を行なうことを目的に実施される。プログラムには、音楽ライブ、演劇、ダンス、トークなど様々なコンテンツを予定。30以上の市民団体が参加するほか、プロのアーティストと多摩市民によるコラボパフォーマンスも複数計画している。イベント運営には、多摩市市制施行50周年記念市民事業実行委員会、CINRAが参加。中継会場にはKDDIラーニング運営の「LINK FOREST」が利用される。

第2弾プログラムでは新たに17団体が追加。バストリオによる多摩を舞台にした新作演劇『縄文のはじまりとおわり』、多摩センターイルミネーションの点灯式、各小中学校による吹奏楽部パフォーマンス、国士舘大学女子新体操部による演技、多摩みんなでプラネタリウム実行委員会によるオンラインプラネタリウムなどがラインナップしている。詳細はイベントのオフィシャルサイトで確認しよう。

CAMPFIREでは10月31日まで開催のための支援金を募るプロジェクトを実施中。

イベント情報

『みんなでつくる多摩市ONLINE文化祭』

2020年11月7日(土)12:00~19:00にTAMA-BASEのYouTubeチャンネルで配信
プログラム: DÉ DÉ MOUSEとホナガヨウコ『オンライン盆踊り2020』 バストリオ『縄文のはじまりとおわり』 永山フェスティバル実行委員会『永山ソング』 TAMA映画フォーラム実行委員会『第30回映画祭 TAMA CINEMA FORUM』 多摩センターイルミネーション『イルミネーション点灯式』 and more 料金:無料
  • HOME
  • Music
  • 『みんなでつくる多摩市ONLINE文化祭』第2弾でバストリオなど17団体追加

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて