ロン・ハワード監督のNetflix映画『ヒルビリー・エレジー』予告編公開

Netflix映画『ヒルビリー・エレジー -郷愁の哀歌-』の予告編が公開された。

11月24日から配信される同作は、ニューヨーク・タイムズ紙ベストセラー第1位のJ・D・ヴァンスによる回顧録『ヒルビリー・エレジー アメリカの繁栄から取り残された白人たち』を原作とした、実話に基づく物語。苦い思い出のある故郷へ戻ることを強いられたJ・D・ヴァンスが、薬物依存症に苦しむ母ベヴ、快活で利発な祖母マモーウとの思い出に支えられながら、夢を実現するために自身のルーツを受け入れなくてはならないことに気づく姿を描く。イェール大学に通うJ・D・ヴァンス役をガブリエル・バッソ、ベヴ役をエイミー・アダムス、マモーウ役をグレン・クローズが演じる。監督は『ビューティフル・マインド』などのロン・ハワード。11月から日本で劇場公開予定だ。

マモーウの「お母さんは大丈夫だと思ってた、幸せだと。私は失敗してしまった」という言葉から始まる予告編では、J・D・ヴァンスとベヴの「母さん、本気で死ぬつもり?」「何度も死のうとした」というやり取りや、マモーウとベヴが「責任を取れないなら誰かの手助けが必要よ!」「誰が助けてくれる?」と口論する様、ベヴがJ・D・ヴァンスに「愛してる、立ち直ってみせる」と宣言する場面などが確認できる。

作品情報

Netflix映画『ヒルビリー・エレジー -郷愁の哀歌-』

2020年11月24日(火)からNetflixで配信
監督:ロン・ハワード 出演: エイミー・アダムス グレン・クローズ ガブリエル・バッソ ヘイリー・ベネット フリーダ・ピント
  • HOME
  • Movie,Drama
  • ロン・ハワード監督のNetflix映画『ヒルビリー・エレジー』予告編公開

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて