池田エライザ監督『夏、至るころ』予告編公開 主題歌は崎山蒼志書き下ろし

池田エライザの初監督映画『夏、至るころ』の主題歌を崎山蒼志が担当することが発表。予告編が公開された。

12月4日から公開される同作は、地域の「食」や「高校生」とコラボした青春映画制作プロジェクト『ぼくらのレシピ図鑑』の第2弾。物語の舞台は、福岡・田川。同じ学校に通う高校3年生の翔と泰我は、子供のころから和太鼓の訓練をしてきたが、夏祭りを前にしたある日、泰我が受験勉強に専念するため太鼓を辞めると言い出し、それを聞いて愕然とした翔の前にギターを背負った少女・都が現れるというあらすじだ。10代で東京に出た池田エライザ監督のエピソードが原案になっているという。翔役に倉悠貴、泰我役に石内呂依、都役にさいとうなりがキャスティング。

主題歌に起用されたのは、崎山蒼志が書き下ろした楽曲“ただいまと言えば”。崎山は同作の脚本を何度も読んだという。

“ただいまと言えば”を使用した予告編には、翔と泰我が櫓の上で和太鼓を叩く姿をはじめ、泰我が翔に「俺さ、太鼓やめる」と告げる様子、翔が泰我に「幸せっち何?」と問いかける場面、赤いワンピースを着た都がプールに浮かんで「何これ、幸せ」と笑みを浮かべるシーンなどが映し出されている。

崎山蒼志のコメント

このような貴重な、素晴らしい機会を与えてくださった池田監督に多大なる感謝を申し上げます。
まず、この楽曲は昨年2019年の7月頃、池田監督が司会をしていらっしゃるNHK「The Covers」の収録後に翌日の学校に備えバタバタと品川駅から新幹線に駆け込み、席に座り、すとーんとした気持ちで不意に生まれた「ただいまと言えば~」というフレーズがベースになっています。
その後、有難いことにこの映画(「夏、至るころ」)の主題歌をやらせていただくことになり、脚本を読ませていただき、「ただいまと言えば~」というフレーズが頭をよぎりました。そのフレーズを核に、脚本を読んでインスピレーションを受けながら他の部分の歌詞を書き、曲をかき上げました。
力強く美しく素晴らしい映画です。静かに滾るような、今悩む多くの方々に観てほしいと僭越ながら思います。この映画に関われたことを、誇りに思います。

作品情報

『夏、至るころ』

2020年12月4日(金)からWHITE CINE QUINTO、ユナイテッド・シネマキャナルシティ13ほか全国で順次公開
原案・監督:池田エライザ 脚本:下田悠子 主題歌:崎山蒼志“ただいまと言えば” 音楽:西山宏幸 出演: 倉悠貴 石内呂依 さいとうなり 安部賢一 杉野希妃 大塚まさじ 高良健吾 リリー・フランキー 原日出子 配給・宣伝:キネマ旬報DD、映画24区
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 池田エライザ監督『夏、至るころ』予告編公開 主題歌は崎山蒼志書き下ろし

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて