ニュース

LINEリサーチ発表「一番ほしいドラえもんのひみつ道具」総合1位は?

LINEリサーチが「一番ほしいと思うドラえもんのひみつ道具」に関する調査の結果を発表した。

LINEリサーチは、LINEが保有する約529万人のアクティブな調査パネルを基盤としたスマートフォン専用のリサーチプラットフォーム。漫画『ドラえもん』の連載開始50周年にあわせた今回の調査は、日本全国の15歳~59歳の男女を対象に行なわれた。

総合1位は「どこでもドア」、2位は「タイムマシン」、3位は「もしもボックス」、4位は「人生やりなおし機」、5位「アンキパン」。「どこでもドア」は約5割という圧倒的な人気ぶりで特に30代~50代女性では6割を超えている。

「タイムマシン」「もしもボックス」は特に男性に人気で、「タイムマシン」は年代があがるにつれて人気上昇の傾向があり、50代男性では2位にランクイン。10代男性のみ1位は「もしもボックス」だった。「人生やりなおし機」は全ての年代で5位以内にランクインしており、30代男性が最も高く、次に50代男女の人気が高い傾向にある。「アンキパン」は10代~20代男女のみランクイン。ランク外だが「四次元ポケット」「スペアポケット」という回答もあがっている。

また「もしも本当に買えるなら、いくらまで出せるか」という調査も実施。ひみつ道具を買うために出すことができる金額として集まった回答の平均額を算出したところ、1番高額だったのは「ソノウソホント」で約7億3,900万円、2番目は「とうめいマント」で約1億4,900万円となった。1位の「どこでもドア」は約1,200万円、2位の「タイムマシン」は約3,500万円、3位の「もしもボックス」は約9,000万円。最安値は「アンキパン」の約8万円となる。

調査結果の詳細はLINEリサーチの調査メディア「リサーチノート」で公開されている。

「一番ほしいドラえもんのひみつ道具」
「一番ほしいドラえもんのひみつ道具」
「もしも本当に買えるなら、いくらまで出せるか」
「もしも本当に買えるなら、いくらまで出せるか」
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る 1

    テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る

  2. 川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々 2

    川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々

  3. 三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開 3

    三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開

  4. 平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」 4

    平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」

  5. 菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保 5

    菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保

  6. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 6

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  7. のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動 7

    のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動

  8. 石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で 8

    石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で

  9. 高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM 9

    高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM

  10. PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施 10

    PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施