『#ライブフォレストフェス』11月開催 渋さ知らズ、民謡クルセイダーズら

野外音楽イベント『#ライブフォレストフェス~森と川と焚火の音楽祭~』が、11月14日に東京・多摩あきがわ ライブフォレストで開催される。

4月以降から「コロナ時代の野外フェス」を模索して主催してきたアースガーデン。7月31日から3日間にわたって開催された『#ライブフォレストフェス~森と川と焚火の音楽祭~』の第2弾となる今回は、あきる野に縁の深い、渋さ知らズオーケストラ、民謡クルセイダーズらによるライブを展開する。フードの販売やワークショップも開催。

出演者は、渋さ知らズオーケストラ、民謡クルセイダーズのほか、Afro Begue、勝井祐二(ROVO)×オオヤユウスケ(Polaris)、The Firewood Project、宮武弘、森と暮らす東京、都会のラクダ、高見澤淳子、粂川拓也。

鈴木幸一(アースガーデン代表)のコメント

この新しい野外ライブ会場で音楽フェスを続けていくために、地域の魅力と人の輪は不可分だとあらためて感じました。地域の仲間と話をしていくうちに「渋さ知らズオーケストラ」が毎年ライブしていた歴史が浮かびあがり、「民謡クルセイダーズ」の複数のメンバーがあきる野エリアに暮らすことも知りました。今回の他の出演者も皆、地域とつながりがあります。
今春からスタートした会場としての「LiveForest」は、既に三浦大知のオンラインLIVE収録、THE SOLAR BUDOKANオンラインでの竹原ピストル、THE BAWDIESのライブ、さらに加藤登紀子、佐藤タイジ、NakamuraEmi、七尾旅人など多くのアーティストを惹きつけ、すでに沢山の魅力的なライブが実現しています。
コロナ禍の中で、無我夢中に始まった場づくりからたった半年で、新しい時代の新しい地域と文化の可能性が、一気に拓き始める予感がしています。
私自身が10年以上暮らし、アースガーデンの渋谷と並ぶ拠点でもあるこの地域に、新しい音楽と地域とフェスの文化を皆さんと育てていきます。

イベント情報

『#ライブフォレストフェス〜森と川と焚火の音楽祭〜』

2020年11月14日(土) 会場:東京都 多摩あきがわ ライブフォレスト 深澤渓 自然人村
出演: 渋さ知らズオーケストラ 民謡クルセイダーズ Afro Begue 勝井祐二(ROVO)×オオヤユウスケ(Polaris) The Firewood Project 宮武弘 森と暮らす東京 都会のラクダ 高見澤淳子 粂川拓也 料金:4,000円
  • HOME
  • Music
  • 『#ライブフォレストフェス』11月開催 渋さ知らズ、民謡クルセイダーズら

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて