映画『ジオラマボーイ・パノラマガール』に岡崎京子の弟・岡崎忠がコメント

映画『ジオラマボーイ・パノラマガール』の応援コメントが到着した。

1989年に刊行された岡崎京子の『ジオラマボーイ・パノラマガール』をもとにした同作は、2人の男女の平行線の恋を描いた作品。「スクラップ&ビルドのトーキョーに置いてきぼりを喰ったような気分」の高校生・渋谷ハルコは、神奈川ケンイチへの思いを「世紀の恋」だと信じて夢中になるが、一方の神奈川ケンイチは受験を目前にして学校を辞め、危険な香りのするマユミに恋をするというあらすじだ。渋谷ハルコ役を山田杏奈、神奈川ケンイチ役を鈴木仁、マユミ役を森田望智が演じる。公開日は11月6日。

コメントを寄せたのは、岡崎京子の弟・岡崎忠。岡崎京子が家族と共に同作を鑑賞したことから、本人に代わってコメントを寄せている。

劇場公開を記念して、原作イラストを使用したオリジナルビジュアルカードが入場プレゼントとして先着配布されることが決定。配布劇場はオフィシャルサイトで確認しよう。

岡崎忠のコメント

とても素敵な時間を過ごしました。試写室で岡崎京子と一緒に鑑賞させて頂きました。
漫画「ジオラマボーイ・パノラマガール」の中身を大切に、大事に映画にしてくださったと思います。
原作にもあるように、本当に風景が広がっているかのように錯覚させる手法、ある主題を概観した全体像を瀬田監督は見事に映像化に成功させました。
まるで2020年に”岡崎京子の新作”が生まれたようです。
女の子たちが可愛くて切なくて、とりまく家族とちょっとドジな男の子。
そして音楽が気持ちよくて、何よりも胸がキュンとするようなものがたり。
ジオラマな風景。パノラマな景色。
1989年に描いた漫画ですが令和の時代に映画として再度この世に出回る事は作者冥利に尽きるのではないでしょうか?私はそう思うのです。

改めて瀬田監督とスタッフの皆さま、本当にありがとうございます。
岡崎京子は幸せ者です。

作品情報

『ジオラマボーイ・パノラマガール』

2020年11月6日(金)から新宿ピカデリー、WHITE CINE QUINTOほか全国で公開
監督・脚本:瀬田なつき 原作:岡崎京子『ジオラマボーイ・パノラマガール』(マガジンハウス) 音楽:山口元輝 出演: 山田杏奈 鈴木仁 滝澤エリカ 若杉凩 平田空 持田唯颯 きいた 遊屋慎太郎 斉藤陽一郎 黒田大輔 成海璃子 森田望智 大塚寧々 上映時間:105分 配給:イオンエンターテイメント、boid
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 映画『ジオラマボーイ・パノラマガール』に岡崎京子の弟・岡崎忠がコメント

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて