のん主演映画『私をくいとめて』場面写真 原作小説の表紙が動くAR企画も

映画『私をくいとめて』の場面写真が公開。あわせて原作小説の表紙が動き出すAR企画が発表された。

綿矢りさの同名小説を実写映画化する『私をくいとめて』の主人公は、脳内に相談役「A」がいる31歳の黒田みつ子。「おひとりさまライフ」がずっと続くと思っていたみつ子が、ある日、年下の営業マン多田くんに恋をし、戸惑いながらも一歩前に踏み出すというあらすじだ。「A」とおひとりさま生活を満喫していたみつ子役にのん、密かにみつ子に恋心を抱く多田くん役に林遣都、みつ子の親友・皐月役に橋本愛がキャスティング。『勝手にふるえてろ』の大九明子がメガホンを取った。公開は12月18日から。

場面写真には、みつ子と皐月が並んで微笑む姿や、みつ子と多田くんが向かい合って談笑する様子が写し出されている。

公開を記念して発表されたAR企画は原作本購入者のみ体験可能。スマートフォンに専用アプリ「pictPOP」をダウンロードし、本の全面帯を外してイラストの表紙にカメラ画面をかざすと、みつ子の姿が浮かび上がり、「動く表紙」に様変わりするとのこと。

作品情報

『私をくいとめて』

2020年12月18日(金)全国公開
監督・脚本:大九明子 原作:綿矢りさ『私をくいとめて』(朝日新聞出版) 出演: のん 林遣都 臼田あさ美 若林拓也 前野朋哉 山田真歩 片桐はいり 橋本愛 配給:日活
  • HOME
  • Movie/Drama
  • のん主演映画『私をくいとめて』場面写真 原作小説の表紙が動くAR企画も

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて