ニュース

松岡昌宏が未解決事件の真相に ドラマ『密告はうたう 警視庁監察ファイル』

『連続ドラマW 密告はうたう 警視庁監察ファイル』
『連続ドラマW 密告はうたう 警視庁監察ファイル』

『連続ドラマW 密告はうたう 警視庁監察ファイル』が2021年にWOWOWプライムで放送される。

同作は、伊兼源太郎の小説『密告はうたう 警視庁監察ファイル』をドラマ化するハードボイルドサスペンス。4万人を超える警視庁職員の不正を突き止める警視庁人事一課、通称「ジンイチ」監察係に所属する警察官・佐良正輝が、一通の密告文に端を発して、かつての同僚・皆口菜子の監察を命じられることになるが、やがてある未解決事件の真相と、警察内部に潜む深い闇に辿り着くというあらすじだ。

ある事件の捜査中に後輩刑事を殉職で失い、ジンイチに異動した佐良正輝役に松岡昌宏がキャスティング。ジンイチによる監察対象の行動確認、通称「コウカク」シーンも見どころのひとつとなる。監督は『連続ドラマW 殺人分析班』シリーズなどの内片輝。脚本は『連続ドラマW 悪党 ~加害者追跡調査~』の鈴木謙一、音楽は『見えない目撃者』の大間々昂が担当する。

今回の発表とあわせて佐良の「コウカク」シーンを収めた場面写真が公開された。

松岡昌宏のコメント

本作のオファーを受けた際の気持ち
題材にとても興味がわき、久しぶりの社会派ドラマで、かつ初めてのWOWOWドラマ作品ということもあり、自分の新しいステップになればいいなという思いを感じて参加させて頂きました。

脚本を読んだ際の印象や、佐良正輝についての印象に関して
一筋縄ではいかない、組織の闇みたいなものを感じました。佐良という男が背負っている、様々な苦しみや葛藤、そして周りを取り巻く人間関係、様々な謎に包まれている作品だと思います。時代と共に、変わっていく佐良という男の考え方、物の捉え方、その辺りにとても深いものを感じます。

視聴者へのメッセージ
とてもリアルで、変に飾らない、まっすぐ正面から捉えた作品になっていると思います。現場も色々と試行錯誤をし、監督をはじめスタッフ、キャストで何度も何度もディスカッションを重ね、その場その場でそのシーンを大切に作っています。見ていただく方々にそのリアリティが伝わると信じて、作品に挑んでおります。1人でも多くの方に見て頂けたら嬉しいです。

内片輝監督のコメント

実写ドラマ化するにあたっての気持ち
ハードボイルドとは何か?
身を挺して悪に立ち向かい、弱いものには優しく、しかし人知れず傷つく繊細な生き方。
ザラザラした「色気」と「不器用」さの共存する街、人、あるいは、組織。
時代によってその定義は変わるかもしれないが、「密告はうたう」には、間違いなくハードボイルドな魅力が詰まっている。
そして佐良を演じる松岡昌宏の背中には、そんな色気と不器用さが同居している。
撮影の最中、刹那にみせる横顔は、主人公そのものじゃないか!と、どきりとさせられる。
「密告はうたう」と「佐良」との出会いが、松岡昌宏の魅力をさらに引き出すに違いない。
そんな佐良と彼の生きる世界を、多くの人に楽しんでもらいたい。

伊兼源太郎のコメント

実写ドラマ化すると聞いた際の気持ち
ドラマ化の打診を受けた時、何かの間違いだろうと驚きました。小説では内面描写を多用していますし、警察の監察係という舞台も一般には馴染みの薄い世界だからです。しかし話が進むにつれ、驚きは期待感になり、胸が高鳴りました。圧倒的な熱量の企画書、時間を忘れて読みふけった脚本、小説執筆時のイメージ以上に登場人物像にぴたりと合致する松岡昌宏さんをはじめとする豪華キャスト陣――。そこに襲ってきたのが新型コロナの流行です。予定通りのスケジュールで制作すると聞いた際は、関係者の方々が無事に撮影を終えられるのを祈るばかりでした。
信じたい相手を信じられない状況に置かれた場合、人はどんな行動をとれるのか。キャストとスタッフの皆様が作り上げる『密告はうたう』の映像世界を観るのが、今から楽しみでなりません。

伊兼源太郎『密告はうたう 警視庁監察ファイル』 ©2019 伊兼源太郎/実業之日本社
伊兼源太郎『密告はうたう 警視庁監察ファイル』 ©2019 伊兼源太郎/実業之日本社
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢 1

    KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢

  2. 木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM 2

    木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM

  3. Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る 3

    Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る

  4. 山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里 4

    山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里

  5. 綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像 5

    綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像

  6. キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM 6

    キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM

  7. 『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録 7

    『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録

  8. 吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに 8

    吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに

  9. 緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表 9

    緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表

  10. ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材 10

    ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材